top_image_02
top_image_01

福岡県とゲーム

2017年11月22日  カテゴリ:インターン, 福岡県

こんにちは。インターンシップ生の坂本と申します。
今回の記事では前回と引き続き私の出身、福岡県についてご紹介していきたいと思います。

今回は、福岡県では現在、九州・福岡を世界が目指すゲーム産業にするために取り組みを行っていることはご存知でしょうか?
その取り組みの一つとして結成されたのが、GFF、九州大学、福岡市の三社が連携した「福岡ゲーム産業振興機構」というものです。
日本のゲーム業界史上初の「産・学・官」の連携機構となり、福岡県をゲームで盛り上げるために様々な活動をしています。今回はそんな福岡をゲーム先進都市にする「福岡ゲーム産業振興機構について触れていけたら、と思います。

福岡ゲーム産業振興機構が実際に行っている活動の一つにインターンシップがあります。
ゲームクリエイター(プログラマーコースデザイナー、プランナー、デバッグプレイヤー)を目指す方を対象に福岡県内のゲーム企業でインターンシップを経験することが出来ます。
世界でも活躍する企業にインターンシップ生として参加することも出来ます。プロのゲームクリエイターを目指す方々にはとても貴重な体験が出来ること間違いなしとなっております!

その他にゲーム業界を志す一人として,とても魅力的だなと思う活動としては、福岡ゲームコンテストがあります。
福岡ゲームコンテストとは、学生または一般アマチュアを募集対象とするプロを目指す幅広い年代の方々が参加するゲームコンテストです。
2017年現在、募集している部門はゲームソフト部門、ゲームグラフィック・アート部門、ゲーム企画部門の3つです。
ゲームソフト部門のみですが、最優秀賞に輝いた作品を作ったチーム(1作品のみ)には、なんと賞金30万円が贈呈されます。
また、同時にすべての部門から優秀賞(複数作品)も選ばれ、選ばれた方には賞金5万円がおくられます。
ゲームを作りたい!という方にとっては、ぜひ参加しておきたいイベントなのではないかと思います。
この福岡ゲームコンテストは最終審査会というイベントもあるのですが、他にも福岡県をゲームで盛り上げるためにさまざまなイベントも行っています。

このように行政や学校、企業が一丸となって福岡をゲームで活性化させるという取り組みは、都会なのに暮らしやすく、仕事も遊びも快適な街であり、そして、元気なゲーム会社が多く存在し、色々な文化が入り混じる福岡県ならではの活動ではないかなと思います。
近い将来、きっと世界が目指すゲーム産業となる福岡県にぜひ遊びに行ってみてはいかがでしょうか?

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

toiawase-(1) (1)

メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

マンガ・アニメーション科について

2017年11月22日  カテゴリ:インターン, 日本工学院専門学校

こんにちは。インターン生の小田です。
前回はカレッジの選び方についてをお話いたしました。
今回は私の所属しているマンガ・アニメーション科についてのお話です。

現在マンガ・アニメーション科二年制・四年生では
前回お話ししたようにコースが3つに分かれています。
と言っても合同でする授業もあり、1年次や2年次にも色々あります。
流石に技術を露見する事は誓約書によりできませんが、

マンガコース

アニメーションコース 作画
           背景
           撮影

キャラクターデザインコース

とアニメーションコースはさらに細分化されています。

大概人物を描くことが前提としているので、人物の描き方等から初めていくセオリーで
自分の選択したコースの専門分野を習うことになります。
私の年代ではキャラクターデザインコースの人数が圧倒的に多かったらしく、
選択を選択よく考えるように言われました。

実を言うとキャラクターデザインコースはキャラクターを描くだけにとどまらず
キャラクターをかけることを前提としたゲームの素材づくり全般を勉強することになります。
それ故に、背景に始まり、UIデザイン、エフェクト、武器デザイン、ロゴデザイン、重ねて
基礎の大前提であるデッサンをすることになります。

つまり、とても課題量が多いということですね。

一年次の流行り言葉は「明日の締め切りなんだっけ」という
怒号の締め切りラッシュにヘトヘトでした。
私は体調管理がうまくいっていなかったのか、睡眠不足が祟ったのか、それとも両方なのか
インフルエンザにかかってしまい、課題のほぼ大半に手を付けられずに終わってしまったことが
今でも後悔です。

つまり、体調管理がとても大切だということですね!

日本工学院専門学校では入学式時の校長先生の挨拶がありますが
校長先生のお言葉で「毎日健康に過ごすのが一番大切なことだ」ということで
教師・講師の皆さん健康に気を付けているようです。

……ん??

少し違和感がありますが、個人の筆の遅さや頑張りがありますので寝られる方は寝られます。
諦めと妥協も視野に入れるというのもありかもしれません。
とにかく形にして完成ということにするというのが大事です。
自分のスキルアップの時間でもあるとは思いますが、そこは妥協をしていたほうがいいのかもしれません。

「限られた時間の中で一番ベストな作品を作ることが出来るということ目標」だそうです。

前年度と今年度と授業内容の見直しでスケジュールがカツカツのようなことにならないようです。
私が一番きついと感じた授業が前期に無いと聞いて羨ましくなりました。。。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

toiawase-(1) (1)

メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

9.20代でしか、わからない海外がある

2017年11月22日  カテゴリ:インターン, 記事

P:20代でどんどん海外に行く
R:海外の環境は自身の知る身近な環境とは違う
E:海外ではトイレの水の流れが弱いところがある
P:20代でどんどん海外に行く

朝礼でビジネス書の音読及びPREP法による要約をおこなっています。

興味をもたれたらお気軽にご連絡ください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

toiawase-(1) (1)

メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

インターンシップ感想(プログラマー)【バンダンゲームアカデミー】

2017年11月21日  カテゴリ:インターン感想

加藤 柊さん

期間:2017年10月30日から11月16日 10日間

Q1 今回参加したきっかけ

 RAKUJOBでインターンのことを知り、自分の実力がどの程度通用するのか知ろうとしたために応募しました。
 
Q2 インターンシップをはじめる前の経験

 C / C++言語でのゲーム制作やUnity, cocos2d-xといったツールを使用して制作をしていた。

Q3 インターンシップ中の内容

 おすすめの本10選の記事作成と、アプリ「忍者三兄弟」のAndroid対応を進めました。

Q4 インターンシップを終えて感想

 自分の実力がどの程度のものなのかを理解ができたのでよかったです。
 また、他の人との連携の大切さも学ぶ事ができたので、それを活かしていきたいと思います。

もし、インターンシップに興味を持ちましたらお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

toiawase-(1) (1)

メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

BMXのひみつ#3

2017年11月21日  カテゴリ:BMX, インターン

こんにちは。インターン生の吉井です。
3回目の今回は、BMXレースというものはどこで行われていのか、またその仕組みについて記事を進めていきたいと思います。
私がはじめて走ったコースは、TBS緑山スタジオ内にあるBMXコースでした。当時はまだ7歳で、コースを1周するだけで精一杯でしたが、現在に至るまで何度もレースに出場し、回数は数え切れないほどです。このコースで経験を積み重ね、全国や世界までレースの幅を広げていきました。
この緑山BMXコースは、JOSFという団体が大会などを主催、運営しております。全国規模の大会などは行わず、このJOSF内のみのポイントランキングや、レースが行われており、主に関東に住んでいる選手が出場するため、ローカルレースなどと呼ばれます。また、年齢やレベルなどで細かく分けられたクラスでレースに参加できます。
全国にもこのようなローカルBMX団体があり、それぞれ地域ごとにレースを主催、運営しています。

そして全国大会を主催しているのが、JBMXF(全日本BMX連盟)です。年間6~7回ほど開催されるジャパンシリーズ(Jシリーズ)や全日本選手権などを開催しています。ほとんどのBMXレーサーはこの団体に登録し、Jシリーズや全日本選手権で上位に入ることを目標に練習に取り組んでいます。そして好成績を残せると、世界選手権などに派遣されるようになります。ローカルレースでいくら結果をのこしていても、Jシリーズなど大きな規模の大会で結果を残さなければ、派遣されることはありません。頑張りがいがあります。なかでも全日本選手権は年齢別でもなかなか勝つことは難しく、たいへん価値のあるものです。

ちなみに僕はこれまでに全日本選手権を年齢別で4回、ジュニアエリートのときに2連覇したので、合計6回チャンピオンをとりました。なかでも1番初めに全日本チャンピオンを獲得したときの嬉しさは、今でも覚えています。ずっと勝てなかったライバルに、はじめて勝つことができた大会でした。
その後なんどもチャンピオンを獲得しましたが、最初の喜びに勝るものはありませんでした。

世界選手権は世界中の自転車競技を統括するUCI(国際自転車競技連合)という団体が主催する一年に一度だけ行われる、BMXレーサーにとっては最も大きなレースです。
チャンピオンクラスと呼ばれる、エリートライダーのクラスと、チャレンジクラスと呼ばれる年齢別クラスがあり、5歳のキッズライダーから30オーバーの大人までが同じ会場でレースをし、競い合います。世界中の国々のライダーが一斉にレースをしている光景は、どのレースも本当に大迫力で、見ていると、自分もレースをしているかのように感じてしまいます。
とにかくどのレースもレベルが高く、人数も迫力も日本とは桁違いです。

年々、世界選手権に参加する選手は増えています。オリンピック種目になったことも大きな影響があると思いますが、まだまだマイナースポーツには変わりありません。その分このスポーツのもつ魅力、可能性は計り知れないと感じています。だんだんと日本にもBMXというスポーツの知名度は広まってきたと感じますが、自分にできることをしっかりとやり、BMXに恩返ししていきたいです。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

toiawase-(1) (1)

メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

8.交通事故の適切な処置をする

2017年11月21日  カテゴリ:インターン, 記事

書籍「20代でしなければならない50のこと」

P:修羅場では動転した人が自滅する
R:動転し、正しい判断が取れないと取り返しのつかない事態を引き起こす
E:ガラスが割れて散っている道路の上を裸足でかけていく
P:修羅場では動転した人が自滅する

朝礼でビジネス書の音読及びPREP法による要約をおこなっています。

興味をもたれたらお気軽にご連絡ください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

toiawase-(1) (1)

メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

インターンシップ感想(デザイナー)【東京コミュニケーションアート専門学校】

2017年11月20日  カテゴリ:インターン感想

島村 卓実さん

期間:2017年10月27日から11月10日 10日間

Q1 今回参加したきっかけ

 学校内での説明会に来ていただいた時、御社のこととインターンシップがあることを知り、参加させていただきました。

Q2 インターンシップをはじめる前の経験

 TCAについての記事の作成と、アプリ「忍者三兄弟」の画像素材の作成。

Q3 インターンシップ中の内容

 油絵についての記事の作成と、アプリ「忍者三兄弟」の画像素材の作成。

Q4 インターンシップを終えて感想

 社会人としての基本的なマナーや社会人として知っておくべきことなどの基礎的なことはもちろん、複数名で行う制作の難しさや面白さ、自分には足りていない計画性や自分の考えを
相手に正確に伝える力が足りていないことをしることが出来ました。
  そして、要望にそうように何かを制作することの難しさを実際に体験することが出来、とても勉強になりました。今後は今回で気づいた、自分に足りていないもの補うようにしたいと思います。

もし、インターンシップに興味を持ちましたらお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

toiawase-(1) (1)

メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

日本大学生産工学部建築工学科!

2017年11月20日  カテゴリ:インターン, 日本大学生産工学部

こんにちは!インターン生の蒔田です。第4回の今回は日本大学生産工学部建築工学科について話そうと思います。

日本大学生産工学部建築工学科は、在籍学生863人、在籍教員21人で生産工学部の中で一番人数多い学科となっています。

キャンパスマップでは、真ん中の右側の4番の建物と、
上の方の5番の建物が建築工学科の建物となっています。

では、日本大学生産工学部建築工学科では、どのような理念で学問を学んでいるのか見ていきましょう。
建築工学科の理念は「幅広い領域から総合的な視野で建築を捉え、
工学理論に基づいた創造力と実践力を持った人材を育成する」ということに基づいております。
今の時代、資源などは限られており、また地球への環境問題も常日頃からニュースになっています。
そのことが「建築」にも大きく影響しており、建築工学科では限られた資源の節約と豊かな生活との両立や、快適な空間と美しい自然との共生、科学文明と文化との融合が求められています。
知識や経験を学んでいくと同時に柔軟な対応力また発想力が必要になるということですね。
では、日本大学生産工学部建築工学科では、どのような学問を学んで技術者を目指しているのか、詳しく見ていきましょう。
建築工学科では、大きく分けて3段階のカリキュラムで技術者を目指して学問を学んでいます。
1.建築にとどまらない幅広い分野の修得
建築とは家具や住宅から都市にいたるまで、人間の生活環境を創造していくこと。
その様々な空間を実現するための知識と建設技術を身につけていくのが建築工学です。
また建設すれば良い、使えれば良いというものではなく、芸術性を問われることも少なくない。そういった対応力を習得します。
2.知識+αを学び、現場で活きる即戦力へ
建築デザイナーや技術者として社会で活躍するには、建物に関する専門知識や技術だけでなく、建築物に関連するさまざまな領域について横断的に考えるマネジメント力、専門家たちをまとめ上げるオーガナイザーとしての力が求められます。
建築工学科では、こうした実践力も合わせて修得します。
現場で、「知識はあるけど、団体での制作の経験したことがなく、何をすればいいのか分からない」では話になりません。
小さな団体での制作で経験を積み、いずれ大きな団体でも、臆すことなく動いていけるような人材を育成します。
3.能動的学習スタイルで知識や技術を確実に定着
一方的に知識を伝えるのではなく、課題研究やプロジェクト活動、ディスカッション、プレゼンテーションなどを通じて、自分で考え、身体を使いながら学んでいく『アクティブラーニング』という学習方法を採用しています。
発想力や応用力、対話力を養成し、問題解決能力を備えた人材を育てます。
団体での制作が多い建築は、必然的に他人との会話や物事を伝える回数が増えます。
そのときに物事をスムーズに伝えたり、分かりやすく伝えられるような対話力、応用力を学びます。
この3段階のカリキュラムで知識、経験、他者との連携力を育成します。

はい。今回は日本大学生産工学部建築工学科について話させていただきました。
次回もまた違う学科について話させていただこうと思います。
ありがとうございました。
ではまた!

引用元:日本大学生産工学部建築工学科 http://www.cit.nihon-u.ac.jp/department/architecture-architectural-engineering
日本大学生産工学部キャンパスマップ http://www.cit.nihon-u.ac.jp/campus-life/location/campus-map
日本大学生産工学部教員数・年齢構成 http://www.cit.nihon-u.ac.jp/about/data/teachers-data1
日本大学生産工学部入学定員・収容定員 http://www.cit.nihon-u.ac.jp/about/data/capacity

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

toiawase-(1) (1)

メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

7.一生続けられることをやる

2017年11月20日  カテゴリ:インターン, 記事

書籍「20代でしなければならない50のこと」

P:一生かけても完成しないものに出会う
R:一日で完成するものの喜びはしょせん一日の大きさだから
E:千秋楽が終わってから「今度、ここ、こうしようか」と打ち合わせをする
P:一生かけても完成しないものに出会う

朝礼でビジネス書の音読及びPREP法による要約をおこなっています。

興味をもたれたらお気軽にご連絡ください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

toiawase-(1) (1)

メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

〜本格的な冬〜

2017年11月20日  カテゴリ:社員ブログ, 記事

おはようございます。
毎日寒くなりましたね。
だんだん本格的な冬を実感する
今日この頃です。

今年は例年より寒くなるのが
早いらしく、一時的に鍋に使う
白菜やネギが高騰したらしいですよ。
秋から急に冬に移り変わりましたからね。

現在毎日5分ランニングを朝と夜に
行っているのですが、朝の寒さが
だんだん寒くなってくるのが
わかります(●´ω`●)

今年も残すところ二週間と一カ月になりました。風邪をひかないようにお気をつけて!

それでは良い一週間を!

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

toiawase-(1) (1)

メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

1 / 721...10...»