top_image_02
top_image_01

台湾e-スポーツ

2017年7月24日  カテゴリ:インターンシップ, 台湾のひみつ

e-スポーツ

https://www.youtube.com/watch?v=qW9UIuXxscM&list=PLr-u3bH21awtOz6bEfgvZXtmwqTTOljho&index=1

e-スポーツはスポーツ・競技として扱い、e-スポーツ時間に経っていま世の中大きい影響がある。
最初e-スポーツはプロのプレヤーさんを誘ってゲーム大会を参加させた。いまはプロプレヤーたちでチームを作ってそのチームのe-スポーツ選手としてゲーム大会を参加する。
韓国は今世界中e-スポーツ最も強い国を誇られている、数が多い項目は韓国で制覇している。

北米とヨーロッパには長く経営しているe-スポーツ大会と視聴規模があって、それらにうまれたe-スポーツ選手は実力と個人魅力を兼備する。e-スポーツ環境は安定しているのおかけで欧米のe-スポーツチームは数が多いスポンサーとファンをとることができる。

e-スポーツの視聴者について同のような数がいるのか?2015年にゲームー リーグ・オブ・レドジェン開催されて世界大会の決定戦を視聴者人数は3600万再生が超えてスポーツ大会より大勢の人に視聴された。

e-スポーツは新しい産業として扱い、いま世界中に発展し続けている。ゲームはただのやるだけわけではなくてチャンネルと同じようなものです。

2017eースポーツtop10ランキング
https://www.youtube.com/watch?v=01XhKuGiirs

いま大人気e-スポーツ項目は:
Counter-Strike: Global Offensive
League of Legends
Dota 2
Hearthstone
Overwatch
など
他にたくさんゲームは自分のゲーム大会が開催されている。

引用
https://www.youtube.com/watch?v=01XhKuGiirs
https://www.youtube.com/watch?v=qW9UIuXxscM&list=PLr-u3bH21awtOz6bEfgvZXtmwqTTOljho&index=1
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84

興味をもたれたら、お気軽にご連絡ください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

toiawase-(1) (1)

メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

東京工学院@第5回

2017年7月24日  カテゴリ:インターンシップ, 東京工学院のひみつ

こんにちは。インターン生の相崎です。

「東京工学院のこと」第5回はついに!私が所属しているゲームクリエーター科の紹介をします。

東京工学院のゲームクリエーター科には「ゲームクリエーターコース(以下ゲーム科)」と
「おもちゃクリエーターコース(以下おもちゃ科)」の2つのコースがあり、
それぞれ内容が全く違うため間違って逆のコースに入ってしまわないよう注意。
私はゲーム科のためおもちゃ科の説明はできませんのであしからず。

まず、どんな勉強をするのか。
ゲーム科では、ゲームソフトを制作する為の総合的な勉強をします。以上!
・・・という訳にもいかないのでもう少しちゃんと説明させていただきます。
前提として、ゲームを制作する為には大まかに3つの作業が必要になります。
一つはゲームの企画や内容を考え、構想を練り上げて他人に説明できる状態にする作業です。
まずこの作業をやらないと何も作れませんし誰も協力できません。この作業を専門にしている人を「プランナー」と言います。
二つ目はゲームの中身となるプログラムを書き、企画をゲームの形にする作業です。
この作業をやらないといくら面白い企画があっても世に出せません。この作業を専門にしている人を「プログラマー」と言います。
最後にゲームを着飾る絵や背景、エフェクト等・・・つまりグラフィックを用意する作業です。
この作業をやらないといくら面白いゲームを作れても見た目で判断されて見向きもされないかもしれません。
また、グラフィックがゲームの面白さや内容自体を左右する場合もあります。この作業を専門にしている人を「グラフィッカー」と言います。
ゲーム科ではこれらの作業を総合的に学ぶようになっています。ちなみに、サウンドに関してはゲーム科にも授業はあるものの、本格的に学びたいのであれば別の学科に入ることをオススメします。

多くの人は自分の「専門」を在学中にどれか一つに絞りますが、授業自体は最後まで三つ全てを総合的に学ぶ形になっています。
自分で企画して自分の思い通りに作り上げて自分の思い通りの絵を入れられたら素敵ですよね。
・・・これらを全て一人でやるとなると作業量が途方もない事になりますけれど。ミニゲームなら一人で気ままに作るのも楽しいですよ。
ちなみに私は「プログラマー」を専門に、他も多少こなせるようになるため日々勉強しています。・・・本当にできてるの?

次回からはこれらの内容をもっと詳しく説明できたらいいなと思っております。・・・やるとは言ってない。(できなかった時の保険・・・)
それではまた。

興味をもたれたら、お気軽にご連絡ください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

toiawase-(1) (1)

メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

17.赤裸々法実践ストーリー

2017年7月24日  カテゴリ:インターンシップ, 記事

書籍「伝え方が9割②」

P:顔が火照るくらい、恥ずかしく感じるくらいじぶんをさらけだす。
R:イキイキとした人間味があって人を惹きつける。
E:「緊張しています。のども渇いてますし、手に汗もかいています。じぶんのカラダにこんなに毛穴があったんだ!と驚いています。」
P:顔が火照るくらい、恥ずかしく感じるくらいじぶんをさらけだす。

朝礼でビジネス書の音読及びPREP法による要約をおこなっています。

興味をもたれたらお気軽にご連絡ください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

toiawase-(1) (1)

メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

〜芥川龍之介の命日〜

2017年7月24日  カテゴリ:社員ブログ, 記事

7月24日は小説家芥川龍之介の命日です。
芥川龍之介と言えば蜘蛛の糸や羅生門などの短編小説が有名です。

もともと題材を古典から題材を持ってきていることが多いのですが、
古典の方の短い淡白な文章になっているので、
芥川が書いた文章を見比べてみると骨に肉付けされた文章の面白さをみることが出来て、
とても楽しいです。

芥川は中学での成績が良かった為、
飛び級で高等学校に行きました。
その後東京帝国大学に進学し
同人誌から老年、羅生門、鼻などを
出したことにより夏目漱石などから
絶賛されました。

1921年に海外視察員として中国を訪問、
帰国後、腸カタルなどを発症し心身を
病んでしまいました。

そして今日7月24日に(正しくは1927年7月24日)に大量の睡眠薬を服用して自殺をしてしまいました。

私が読んだことがあったのは、
羅生門や鼻などの比較的芥川が文章を書き始めた序盤の作品が多かったので、
このブログを更新すべく後年発表の河童を
読んでみました。

結構長いので途中で一旦終えたのですが、
精神を病んだ患者が健康だったころに
河童の国に行った際の話でした。

ただ、初期作品よりも「精神病の遺伝がある」だとか、この作品を書いた当時、芥川がどんな生活をして何を考えていたのかが、
如実にわかるようになっていました。

読んでいるとちょっと頭が痛くなって
くるレベルの芥川節が飛んできます。

また帰り、帰宅途中に河童は読み切ることに
します。

ひー、長い!

走れ!栄光の為に【ファミリージョッキー】

2017年7月21日  カテゴリ:未分類

こんにちは。インターン生の山口奈々です。
今回は、「ファミリージョッキー」(バンダイナムコゲームズ 1987)を遊びました。
このゲームは一人か二人でオンリーレースで天皇賞を制覇したり、オンリーレースに競馬予想を加えたファミリーレースがあります。
このゲームの個性は、レース出場で特定の順位圏内に入るか障害レースで2下位転ぶとリタイアになって場合によってはゲームオーバーになります。現実では競走馬が転んだら状態によっては安楽死ですからその点はマイルドに描かれているのがポイントですね。
あと、ドット絵によりデフォルメされているので馬もかわいいですね。なお、私の戦績は4戦中2勝でした。

余談ですが、このゲームは妖怪道中記と同じくwiiでリメイクすることになり、画質もイラストもクオリティが向上しました。
3Dになり、騎手や馬の表情も生き生きしている分、かわいらしさと味のあるドット絵がないのが惜しいです。
以上、レトロゲーム実況でした。なお、私はあと1回でインターンが終わってしまうので最終回になります。
引用
http://www.geocities.jp/frnyanko/setsumei/famicom/familyjockey/familyjockey.html

興味をもたれたら、お気軽にご連絡ください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

toiawase-(1) (1)

メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

第14章 打楽器 最も原始的な楽器

2017年7月21日  カテゴリ:インターンシップ, 楽器のひみつ

こんにちは、類地です。

今回は、最も原始的な楽器、打楽器について説明したいと思います。

歴史家達や人類学者は、打楽器を、最初に作り出された音楽用の道具であると推測しています。

古く普遍的な楽器でありながら、「打楽器とは何か?」を定義するのは難しく、
ある音楽辞典では、「打つ、こする、はじく、振るなどの演奏方法で音を出す楽器の総称」と、説明しています。
しかしこれでは、弦を弓でこするバイオリンなども打楽器に含まれてしまいます。

人類最初の楽器は人間の声だったと思われますが、手足、それから棒、石、丸太といったものがほぼ間違いなく音楽の進歩の次の一歩であったようです。
一番古い打楽器は我々自身の手と足で、それから棒や丸太やお尻といった、発見する状態が続きました。

「体鳴楽器」とは、カスタネットやトライアングルなど塊や棒状の発音源自体が鳴り響くもの、
「膜鳴楽器」とは膜の振動を胴などに共鳴させるもので、ティンパニをはじめさまざまな太鼓類がこれに相当します。
もちろん、ここに分類出来ないものもあります。前章でお話したピアノも、厳密に言えば打楽器に入りますし、
「気鳴楽器」のホイッスルも本来笛に入りますが、打楽器に入れてしまう事が一般的です。今回はそれらを考慮した上で説明します。

○どれがどういう楽器になっていったか(区分があいまい、いろいろある)

叩く楽器、振る楽器といった奏法による区分
金属製、木製、皮製など発音源部分の素材による区分
音程が定まっているか(有音程)、定まっていないか(無音程)の区分
音板の有無による区分(音板のあるものを「鍵盤打楽器」と呼ぶこともあります)
地域や民族による区分
マーチング用、コンサート用といった演奏形態による区分
教育用、療法用といった使用目的による区分

といった区分があったりしますが、

○打楽器の分類・主な打楽器

「体鳴楽器」

■体鳴楽器
木製
カスタネット
クラベス
拍子木
ギロ
ウッドブロック
木魚
木柾
テンプル・ブロック
ルーテ
ウィップ(鞭)
アサラト

■金属製
コーン・ウォン・レク
コーン・ウォン・ヤイ
音叉
サンダーマシーン
シンバル
チン (楽器)
クラッシュシンバル(サイドシンバル)
スプラッシュ
ハイハット
ライド(トップシンバル)
チャイニーズシンバル(チャイナシンバル)
スティールドラム
リボンクラッシャー
チャイム
トライアングル
フレクサトーン
ベル(曖昧さ回避ページ)

スレイベル(そりの鈴)
アゴゴベル
カウベル
チューブラーベル(チャイム)
ハンドベル

梵鐘
鈴(りん)
タムタム(銅鑼)
鉦鼓
ウィンドチャイム
金床(アンヴィル)
ベルツリー
ハンドパン

■粒状の物を中に入れるか外に付けて振る
シェイカー:以下の楽器の総称としても使われる。
マラカス
シェケレ
カバサ
カシシ
アサラト

■そのほか
キハーダ
ヴィブラスラップ
クリスタルボウル
アルケミークリスタルボウル

■鍵盤打楽器
・木製
ラナート・エク
ラナート・トゥム
木琴
シロフォン
マリンバ
シロリンバ
パッタラー(竹製。ミャンマーの民族楽器)
バラフォン(ヒョウタン製。ブルキナファソの民族楽器)
・金属製
鉄琴
カリヨン
グロッケンシュピール
クロテイル
ヴィブラフォン
クラビネット
ミュージックボックス
チャイム
チューバフォン

■その他の材質
リソフォン(石)
アルモニカ(ガラス)
グラス・ハープ(ガラス)

■人体
ハンドクラップ
フィンガースナップ
ボイスパーカッション
ボディパーカッション

「膜鳴楽器」

ティンパニ
ドラム(セット)
トレーニングドラム(トレーニングパッド、プラクティスパッド)[1]
スネアドラム(小太鼓)
バスドラム(大太鼓)
タム
ロート・タム(ロート・トム)
メロディックタム
シンセサイザータム
フロアタム
フレームドラム
タンバリン(タンブリン)
タール
カンジーラ
ダフ
バウロン
パーランクー
タンブレロ
リック(レク)
ドイラ
パンデイロ
ティンバレス
コンガ
ボンゴ
クイーカ
ジャンベ
トーキングドラム
タブラ
チャンゴ
ザブンバ

小鼓
大鼓
鞨鼓
和太鼓
長胴太鼓
宮太鼓
締太鼓
桶胴太鼓
団扇太鼓
でんでん太鼓
ハピドラム

「気鳴楽器」

サンバホイッスル
スライドホイッスル

「特殊楽器」

ハンマー
ウィンドマシーン
大砲:1812年 (序曲)において、クライマックスで使用
線路:適当な長さの線路をたたく。

引用:
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%89%93%E6%A5%BD%E5%99%A8
http://jp.yamaha.com/products/musical-instruments/percussions/navi/about_percussion/

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

toiawase-(1) (1)

メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

17.赤裸々法

2017年7月21日  カテゴリ:インターンシップ, 記事

書籍「伝え方が9割②」

P:自分の体をよく観察し、そのまま言葉にすることで強い言葉を作ることが出来る。
R:体感したことをそのまま使うので、印象が強くなる。
E:頭が真っ白になるほどおいしい。
P:赤裸々法を使う事によって印象に残りやすい言葉を作ることが出来る。

朝礼でビジネス書の音読及びPREP法による要約をおこなっています。

興味もたられたらお気軽にご連絡ください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

toiawase-(1) (1)

メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

〜毎日日課にしていること〜

2017年7月21日  カテゴリ:社員ブログ, 記事

このブログを続けてそこそこ記事も溜まって
きました。
やるまでは中々平日に毎日続けるのって
大変だなとか色々考えていたのですが、
実際自分で決めて続けてみると、存外楽しいんです。

波及して?他のことも毎日やってみよう
とやっていることがあります。

読書と30秒ドローイング。

読書は1日1時間読み続けると
数年後に知識量に圧倒的な差がでるという
話をきいた為、電車の中で読んでいます。
帰宅途中に疲れて読めないときはあんまりよくないの
ですが、動画で本の朗読があるため、
それを見ることで
代わりにしています。

これが凄く面白い!なんだかモノに対する
考え方や生き方の概念に対する見方が
広がっていきます。

また30秒ドローイングは右脳に見て描く
ということを刷り込ませる作業です。
これも凄くやりがいがあって、
人物を描くときにまずポーズのイメージが
浮かびやすくなることと、簡易的にですが、
肉体の構図がわかりやすくなってきました。

勿論30秒ドローイングだけではダメで
別に人体の構造は把握する必要がありますが、意識しないで勢いある人体が描けるようになります。

http://www.posemaniacs.com/blog/sp/

毎日の日課にするってこんなに楽しいんだな
思うようになりました。

毎日自分にできることをやっていると
言葉が悪いですが、「他人」にどう思われ
ようが悪口を言われようがどうでもよくなります。

あー、そういう風に考える人なのね。
ご自由にどうぞ、

と若干敬意をはらいつつ、考えられるように
なり。

まだ未熟者ですが、
期待は自分の行動にしよう、と思うよう
になりました。

いや、本当にまだまだなんですけどね!!

すごいなあ。一年たったら今の考えも
どんな風に変わっているのか凄く楽しみです。

興味もたられたらお気軽にご連絡ください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

toiawase-(1) (1)

メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

バレーボールとは!!?

2017年7月20日  カテゴリ:インターンシップ, スポーツ

こんにちは。インターン生の今 秋誠です。
今日から中学生の頃県の大会に出場するほど熱中していたバレーボールについて、お話(?)していきたいと思います。

これを読んで少しでもバレーボールに興味を持ってくださると嬉しいですね〔´∇`〕

早速ですが!!
※1
そもそもバレーボールとは、1895年、アメリカのYMCAでW.G.モーガンという人が、バレーボールを発明しました。当時のアメリカではインドアスポーツと して、バスケットボールが大流行していたのですが、
(1)接触プ レーが多いため怪我をしやすい
(2)中高年や女性には運動量が多 すぎる。
という理由で、誰でも気軽に楽しめるスポーツ種目が必要だということになり、必然に迫られて、W.G.モーガンがバレーボールを考え出した。というのがバレーボールの始まりらしいです。

確かにバスケットボールは激しいですし、危険が多そうなイメージですね(笑)
当時、考えられたルールでは、バレーボールはそこまで危険ではなかったご様子。….。(ボールを手で受け止めたり、打ったりとするのに中高年や女性は大丈夫なのだろうか..??)

何年もの時間を越えてルールの改定、男女別ルールなどが適用されていき、立派なスポーツになったバレーボール。きっとモーガンさんもこんなに発展するとは思ってなかったのでは?

当時、モーガンさんが考えたように、中高年、女子及び初心者誰もがこのバレーボールを意外と簡単に出来てしまいます。(2人以上のが楽しいですが..)
基本の形を覚え2人向き合ってボール返しあうだけでも汗を流せますよ!!
おでこの上に両手で三角を作るイメージ、両腕を伸ばして三角を作る形を意識するだけで簡単にボールを飛ばせるのでお勧めです。
(痛いと思われがちですが実際そこまで痛くないんです。本当ですうそじゃないです。)

※ただし、突き指、足を捻る、なんて日常茶飯事ですから、準備運動は忘れずに..(><)

次回はこのバレーボールをもっと楽しんでいただくために..
簡単なルールの覚え方等独自の考えを混ぜ込みつつ、紹介していきたいと思います(`・ω・´)シャキーン

参考サイト※1
http://www.volleyball.gr.jp/vhtr.htm
様より。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

toiawase-(1) (1)

メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

第1回 野球の原点(1)

2017年7月20日  カテゴリ:インターンシップ, スポーツ

はじめまして。インターンシップでお世話になります、鈴木です。
インターンシップの期間中、国民的スポーツである野球について書いていきたいと思います。
最初は野球というスポーツがどのようにして出来たのかを書いていきます。

スポーツとしての起源は12世紀頃のフランスで、あらゆる球技の原型とされるスポーツであるとされる「ラ・シュール」というスポーツだと言われています。
2チームに分かれ、足や手、棒などを使い敵陣にある2本の杭の間にボールを通すゲームで、死傷者が出るほど危険であるにもかかわらず人気が非常に高かったそうです。

「ラ・シュール」がイギリスに渡ると「ストリート・フットボール」というスポーツに変わりました。ボールに牛や豚の直腸や膀胱を使い、そのボールを敵陣内にあるゴールまで運ぶゲームとなりました。
しかし、大英帝国の発展により、兵士が戦争や植民地支配へ駆り出されるようになるとボールを作るのが難しい「ストリート・フットボール」より、石に草の茎や糸を巻き付けるだけで簡単にボールが作れるスポーツが流行るようになっていきました。

簡単にボールが作れるスポーツがいくつかありますが、そのうちの一つに「ラウンダーズ」というゲームがあります。
ペッカーやフィーダーと呼ばれる投手が小石を詰めた靴下などのボールを投げ、ストライカーと呼ばれる打者がそれを船の艪などのバットで打ち返し、杭や石でできた4つのベースを回るというものです。
これらのスポーツが少しずつルールを変えながらも遊ばれていました。

さて、今回はここまでです。本日は長い時間読んでいただき、まことにありがとうございました。

参考元:ウィキぺディア/野球の歴史より

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

toiawase-(1) (1)

メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

1 / 4112345...102030...最後 »