top_image_02
top_image_01

25.頂上法文章の作り方

2017年8月9日  カテゴリ:インターンシップ, 記事

書籍「伝え方が9割②」

P:頂上法文章の作り方は、「伝えたい言葉」に適した「頂上ワード」を用いることが重要である。
R:伝えたい言葉に対して頂上ワードのスケールが大袈裟だったり小さ過ぎたりすると、伝わりにくくなる。
E:良くない例「生きていて、一番おいしかったです」
 良い例「今年行った店で、一番おいしかったです」
P:頂上法文章の作り方は、「伝えたい言葉」に適した「頂上ワード」を用いることが重要である。

朝礼でビジネス書の音読及びPREP法による要約をおこなっています。

興味もたられたらお気軽にご連絡ください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

toiawase-(1) (1)

メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文