top_image_02
top_image_01

PCエンジンで遊んでみました!【桃太郎伝説ターボ】

2017年9月4日  カテゴリ:インターンシップ, レトロゲーム

こんにちは、インターン生の吉崎和真です。
今回は「桃太郎伝説ターボ」の紹介をします。

2017年現在も人気の「桃太郎電鉄」というゲームがありますが、その親元となるのがこの「桃太郎伝説」です。今回実況したのは「桃太郎伝説ターボ」で、原作をアレンジしたものです。原作よりグラフィックが繊細になったり、エンディング終了後にハードモードが遊べるようになるといったアレンジが加えられていますが、ゲームの大筋はそれほど変わっていません。

また、PCエンジンのHuカードソフトの中で特に人気を博し、最も売れた作品と言われています。現在も昔も変わらず、人気のシリーズと言えますね。

日本人なら誰もが知る昔話の「桃太郎」を題材にしていて、独特のギャグ要素があるそうなのですが、今回は時間がなくそのあたりはお見せ出来ず。どんなギャグか、気になるところです。

時間が限られていて序盤しかプレイ出来ていませんが、建物が何の建物なのかが分かりやすかったというところは良かったところだと思います。看板に「宿」や「兵」などが書いてあり、看板がなくても大きなお屋敷に赤い屋根であれば、それだけで重要な建物というのは初心者でも分かりやすいポイントです。最初の村を歩いているだけで終わりたくなかったのですぐに村を出ましたが、案の定苦戦を強いられる始末。装備は大事ですね。何かあるかなと思って村の外に出ましたが、もう少し最初の村で何か準備をする必要がありそうです。

一つ思ったことは、何の説明もなくゲームが始まるのが、自分にとって新鮮というところです。
自分が遊んだことのあるゲームはおおよそオープニングがあって、「どこに行くのか」「何をするのか」「どのように操作するのか」といったデモやチュートリアルがあるのですが、レトロゲームはそういったものがないんですね。前回のボンバーマンもそうでしたが、いきなりゲームが始まるので、「え、なに?どうすんの?」と困惑せずにいられないです。が、これがレトロゲームの良さでもありそうですね。まわりくどい説明がなくすぐに遊べるというのは、時間がない人にとっても良い点です。

今回はここまでですが、いかがでしたでしょうか。
作品自体の概要は他のwebページでも見れるので、自分が初見で遊んで感じたことを重点に、自分なりに述べてみています。ほんの数分しか遊んでいないので、作品全体の感想が言えないのですが、「レトロゲームをやったことがない人が遊んだらこんな感想を持つのか」程度に読んで頂けたら幸いです。
それではご拝読ありがとうございました。次回もよろしくお願いします。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

toiawase-(1) (1)

メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文