top_image_02
top_image_01

〜保育園の電動アシスト付き大型幼児車は「車道を通行すること」について〜

2017年9月13日  カテゴリ:社員ブログ, 記事

おはようございます。
昨日驚く記事を見つけたので引用しつつ、
皆さんも考えていただけたらと、
この記事を紹介します。

以下引用⬇︎
https://news.yahoo.co.jp/byline/kunisawamitsuhiro/20170912-00075675/

写真の乗り物は保育園などで使われている乳幼児用の大型ベビーカーです。多人数乗ると言うことで(写真は4~6人乗り)、最近モーターアシスト付きも出回り始めました。

速度は保護者が歩く程度です。この乗り物、道路交通法でどういった区分になるのかという内容なのですが。

なんと経済省から、
「道路運送車両法施行令第1条の人力車に属すため同法第2条第4項の軽車両に該当。したがって同法第2条第1項の道路運送車両に該当する当該電動アシスト付ベビーカーを使用する際には、道路交通法上、車道若しくは路側帯の通行が求められことが明確になった」と
発表がありました。

でもこれベビーカーと同じなのに!?
つまり自転車など同じく車道を走れということだそうです。

世田谷の近所でもこの電動アシスト付きのベビーカーはよくみます。

が世田谷の車道を走れというのは、
かなり無茶じゃないかと思います。

そもそも日本の車道は車以外の乗り物が
走れるように作られていない為、
自転車が通るときですら危ないことが
多々あります。

今回の件は、
現状を見て再考して欲しいです。
事故があってからでは遅いですよね。

(´・ω・`)

偉い人、頼むから頭使ってくれと切に思いました。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

toiawase-(1) (1)

メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文