キャリア形成の6つのステップ

2001年5月17日厚生労働省が
「労働者のキャリア形成支援のためのキャリア・コンサルティングマニュアル」が発表されました。
そのなかで、キャリアを形成していくには6つのステップがあることが紹介されています。

3bcc38096fb06f4a990f83cff6401026_s

1.自己理解

キャリア形成に関して「自分自身」を理解するステップです。
自分自身の興味や能力、経験など振り返り、それを整理して
自分自身に対する理解を深めます。

2.仕事理解

世の中にある仕事の業種・職種、
その仕事の内容、労働環境、入職ルートなどを理解するステップです。

3.啓発的経験

進路や職業の選択や意思決定の前に体験するステップです。
インターンシップなどが有効とされています。

4.キャリア選択に係る意思決定

自己理解、仕事理解を通じて明らかになったことをもとに、
いくつかの選択肢から選択するステップです。

5.方策の実行

意思決定のステップで決めた目標に対する計画を実行するステップです。

6.新たな仕事への適応

方策の実行で達成された就職や異動について、
その新しい環境へ適応していくステップです。

啓発的経験は、学生の時でないとなかなか試せないのと
いつでもインターンシップをやっている企業は少ないです。
また、ワンデーインターンなど1日は、
その会社会社案内しかないので、自分が将来やってみたい
職業や職種を体験して理解するのは困難です。

インターンシップを試す場合は、
自己理解をしっかりと深めたあと
職業理解を深めるために、インターンシップを活用すると
自分にあってる、あっていないが確認できます。

もしも、ITやゲーム業界に興味があって
プログラマーやデザイナーやプランナーなど
やってみたい職種がある場合は
ぜひそれぞの企業へインターシップへ参加をお勧めします。

MBAでもやっていますのでよければお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー