【IT用語解説】VBA(ブイビーエー)

IT・ゲーム企業で働く技術者・営業職で使われる用語を解説します。

VBA

【言語】・・・プログラム言語のことです
【Windows系】・・・Windowsにて使用されます

VBAとは:

 Visual Basic for Applications(ビジュアルベーシックフォアアプリケーション)の略称、マイクロソフト社が開発したマクロ言語
MicroSoft Office(マイクロソフトオフィス)シリーズに含まれるアプリケーションソフトの拡張機能であり、簡易的なプログラムを記述して実行することで、複雑な処理を自動化をおこうなうことができる。
マクロとの違いは、マクロというのは、複雑なコンピューター操作の自動化技術の総称であり、一方VBAはマイクロソフト社が提供しているプログラム言語の名称である。 マクロ≒VBA(ブイビーエー)の考えで問題はない

 VBAには2種類あり、ExcelVBA(エクセルブイビーエー)とAccessVBA(アクセスブイビーエー)があります、ExcelVBAはBook(ブック)、Sheet(シート)、Cell(セル)というExcel(エクセル)上のオブジェクトを対象にプログラミングを行うことにあります、エクセルシート状の関数機能なども利用しながら利用することができます、ExcelVBAの優れた点はマクロの記録というのがある点です、マクロの記録とは自分で操作した内容を自動的にVBAに変換してくれる機能のことです、この機能があることで、ExcelはVBAをあまり知らなくても、簡単なマクロを作成する事ができます、一方Access(アクセス)の場合は、Table(テーブル)、Query(クエリー)、Form(フォーム)、Report(リポート)というオブジェクト、及び、FormやReportの中に配置するControlオブジェクトを対象にVBAプログラムを組むことができます。エクセルと異なるのはデータベースソフトなので、実態としてTableと実態のないQuery、Form、Reportなどに対して、全体的な視野でプログラムを作成していくことが必要になります。そういう意味でAccessVBAのほうがとても敷居が高いものになっており、一般的に教えられないことが多いです。

VBA用途:

継続性の高い作業の効率化、毎日必ずおこなう作業や、一日複数回にわけて行う作業の効率化を上げることができる。

単純作業の効率化、ルールさえわかれば誰にでもできるような作業でも覚えさせるまでには、
 時間がかかるがマクロを自前に作っておけば作業説明の時間も短くなり、誰でも短時間で作業を習得、終了することが出来る。

長期におよぶ作業工程の単純化、効率化、工程の多い作業となると、手入力で作業するには多く時間が取られ、ミスも増えてしまう。
 なので、時前にマクロを準備し工程の多い作業などを自動化をしておくことで、ミスを防げ作業工程を短くすることができる

VBA使用における準備:

MicroSoft Officeシリーズに基本的についているものなので、使用するにあたって必要なものはありません。

VBA使用における注意点:

 ・記録、入力した行動とまったく同じ行動をしますので操作ミスもそのまま実行します。
また、印刷設定もマクロ内に記憶されるので、マクロ作成時に注意が必要になります。
 ・マクロ作成中に元に戻すを行うと操作内容を取り消すことが可能ですが、一部操作が消えない場合があります。
エラーの原因になりますので極力使わないのがよいです
 ・基本的に同じ処理を連続して行う場合に使用することが多いですので無限ループが起きてないかの確認が必要になります。
ループを起こしてしまうとソフトが落ち、保存していないデータが飛ぶ可能性がありますので、制作時には無限ループが本当に起きていないか、本使用前にテストとして他で使用したほうが安全になります。
もし、起こってしまった場合は【ctrl】+【break】または、【clrl】+【Pause】で強制的に止めることが可能です。

VBA習得における仕事:

 VBAをマスターしていると、効率的な表制作、計算などが行えるようになり人為的ミスが少なくなります。
短時間での作業やミスが減ると膨大なデータを扱う業務管理、事務管理システムに強くなれます。
計算部分が強くなれば桁の多い金融や会計の仕事を扱うことができます。
VBAはOfficeについている機能で表を扱う作業がほとんどとなります。
事務、管理系の仕事には今後十分に必須といっても良いものになりますので、覚えておいて損はないです。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー