コンテンツ東京2016

この度、私は東京ビックサイトにてコンテンツ東京2016に行って参りました。

-コンテンツ東京とは-
・クリエイターEXPO
・キャラクター&ブランドライセンス展
・映像・CG制作展
・コンテンツ配信・管理ソリューション展
・コンテンツマーケティングEXPO
・先端コンテンツ テクノロジー展
・グラフィックデザインEXPO
7つの専門見本市から構成される大規模国際総合展で、
まず私は気になった物の中でまずクリエイターEXPOに足を運びました。
IMG_8096
クリエイターEXPOは、クリエイターの方が個人で出展し、
自分自身を売込むというユニークな商談展です。
ここでは、イラストや漫画、音楽や写真など、
様々なジャンルで活動されているクリエイターが自身の強みを
売り込む、大きな出会いの場となっておりました。
私自身一人のクリエイターとして様々な方の作品を拝見し、
どういった作品を作られているか、どのような活動があるかを知る
貴重な機会となりました。中には一つのジャンルに限らず、
音楽とイラストレーターを平行して活動されている方もいて
自分自身も見ていて創作意欲を沸かせるきっかけになりました。

また、次に興味を引いた先端コンテンツ技術展は、最先端の技術を駆使した
オモシロ製品を体感できる見本市となっており、
私自身も実際にいくつか体験してきました。
まず、前々から気になっていたVRの試着をしました。
VRでは、様々な風景を実際に自分の視点で見ているかのような気分で
見回し、体感することができました。人によってはあまりなリアルな為に
怖いとびっくりする方もいて、それほど完成度の高い物でしたので、
近いうちこれを用いたゲームができるのかと思うとすごく興奮します。
IMG_8125
また、個人的に面白いと感じたのが「Wonder Wall」のワンダースクリーンという、
3Dに見える映像作品で、一件プロジェクター映像かとおもいきや映像が
立体的に見える不思議な空間演出にとても感動しました。
このように物の見え方が変わってくると思うとSF映画でみた世界観も
近いうち実現していくのかなと思いました。
IMG_8130
この他の展示にも目を引くものは沢山あり、私にとって今回のコンテンツ東京は、
人と技術を結ぶビジネスの総合展としてだけでなく様々な情報を共有したり
多くのきっかけを作るコミュニケーションの場として活用できるすばらしい機会だと思いました。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー