少女マンガなめんなよ!!!!!

手塚治虫の火の鳥とスターウォーズを観てすくすく育った23歳(♀)、インターン生の渡邉です。

すくすく育った結果、気がついたら月に5万漫画に懸け実質貯金なしの自転車操業状態に・・・。命の次に大切な漫画、特に花の24年組と呼ばれた萩尾望都や竹宮惠子という大御所の影響を受けている作家の作品が大好き。

壁ドン、顎クイだけが少女マンガではないんですよ!!と昨今の映像化される少女マンガのラインナップを見ながら憤慨している個人的な感想は置いておきまして・・・

少女マンガのいいところは、読み込まないですっと頭に入って、なんかわからないけど感動した・・・という体験が出来るところです。

浦沢直樹の言葉を借りれば「ある意味、少女漫画って、いき過ぎた部分もあるぐらい、デフォルメされた世界じゃないですか。演出も過多だし、お芝居も過多だしっていう。ミュージカルとか、それに近い感じがしますよね。」[http://www.nhk.or.jp/manben/hagio/]

そう、まさに少女マンガはミュージカル。ありえない、リアリティがない、は二の次で浮世離れした世界を楽しんだもん勝ちなのです。(だから映像化には向いていないとなぜ分からんごにょごにょごにょ)

・・・前置きが長くなりましたが、要するに
『壁ドン、顎クイのないお勧めの少女マンガを紹介する記事をいっぱい書く』
ことがわたくしに与えられたミッションでございます。

そして記念すべき1回目、

2016年7月6日発売 のダヴィンチの特集「清水玲子の進化論」という一文をみてからずっと今回記事にする作品を暖めていました。

生田斗真主演で映画化され、2016年8月6日に上映の・・・
「秘密 THE TOP SECRET」(清水玲子/白泉社)
ダウンロード (1) (1)

ではなく

「WILD CATS」(清水玲子/白泉社)
ダウンロード

です!!!

<あらすじ>
自分を猫だと信じているライオン「シーザー」は飼い主の龍一ぼっちゃんが大好き☆ なのに、大きな体格に似合わぬ気の小ささで、猫よりも弱いライオンに…!?(amazonの商品の説明より引用)

amazonさん・・・あらすじが雑だけど的確・・・。

つまりこの物語はライオンと人間の恋愛を描いている作品です。(トンでもすぎるが、おもしろいんですよ!!!)

ライオンのシーザー(♀)はテレビに映る野生のライオンが草食動物を食べるシーンにびびって目を隠してしまうなど、自分がライオンであるという意識が乖離していている、美青年・龍一と結婚したいという夢を持つ人間味あふれる女の子。ライオンなのに、物語に登場する女の子の中で一番ピュアでかわいいです。というか、その他の女の子が結構えぐいからかな・・・。ライオンと女の子に振り回される龍一ぼっちゃんが一番不憫です。

恋愛描写だけでなく、犬が主人公(これ以上はネタバレになるので伏せますが)の話はペットを飼う家庭が15歳以下の子供を持つ家庭を上回るほど、ペットの存在が大きくなっている現代において、彼らが生まれてから人間と関わりあう中でどのような感情をもつかが描かれた、飼い主様方は必ず涙する内容となっております。

そして、完成度の高い内容を1巻に収める潔さ、清水玲子様、天才です。

もっと清水玲子先生の作品が気になる方は繰り返しとなりますが、2016年7月6日発売のダヴィンチにて特集が組まれておりますのでぜひご一読ください。
また7月23日から8月2日まで西部池袋本店 別館2階=西部ギャラリーにてlala40記念原画展でも清水玲子先生の原画が展示予定です!

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー