レトロゲーム実況!『ロックマン』

レトロゲームを漁るだけ漁ってほぼプレイしない、インターン生の大塚です。

今回のレトロゲームは、あの伝説的アクションゲームの一つ『ロックマン』です。

894ce0202e

プレイ記事を書く前に、このゲームを知らない人はいないと思いますが、万が一のために軽くゲームの紹介をしたいと思います。

『ロックマン』(日本国外では”Mega Man”と呼ばれている)は、株式会社カプコンから1987年12月17日に発売されたファミリーコンピュータ(通称”ファミコン”)対応のアクションゲームです。ロックマンシリーズの記念すべき第1作目です。
ストーリーをとても大雑把にまとめると「世界平和を願う心優しいロボットが、世界征服を企む悪の天才科学者の野望を阻止するために戦いの場に旅立つ」というもの。王道中の王道です。またこのゲームは、いくつかのプラットフォームに移植され続けていて今でも愛されています。

※ここまで偉そうに説明してますが、私はほぼプレイしたことがありません※

それでは前置きはこの辺にして、実況プレイ(?)していこうと思います。実況は私、大塚 そして、同じインターン生の吉田君の二人です。

起動すると、タイトル画面でした。当たり前ですが。
タイトル画面でスタートボタンを押すとステージセレクトの画面に移行しました。
そこで今回は吉田君のリクエストで”カットマン”のステージをセレクト。
果たして二人は無事クリアできるのか…

最初の挑戦者は、私 大塚です。

このときの大塚は『ロックマン』というゲームを甘く見ていました…

開始早々、大塚、雑魚にやられます ダサいです。
気を取り直して再挑戦。さすがに、同じところで死ぬことはありませんでした。

しかし、一回目と変わらずプレイが雑な大塚。 ダメージを負っていくばかりです。
一方、隣で大塚のプレイを見守る吉田君。 なんだか申し訳ない気分になりました…

その後、なんとか順調に(?)進めていき、だいぶ進んだところで気づきます ライフが1メモリしかない…だと?
絶体絶命のピンチ!
でしたが運よく敵を撃破しライフを回復しました。

ここで、気が緩みました。

ピンチを乗り越えたにもかかわらず、棘ヘダイブ…2度目の死です。
そして3度目の挑戦。流石に学習したのか先ほどとは打って変わって慎重なプレイ(ダメージは受ける)で、順調に進み、先ほど死んだ場所も難なく(?)クリアしました。

ここで、気が緩みました(2回目)。

何やら強そうな敵が出現しました。ネタバレ、ここで瀕死になります。

倒さなくてもいいのに意地を張って攻撃を試みます。そしてなかなか死なない敵。ライフが減る一方です。
死闘の末、ようやく敵を撃破しましたが瀕死です。

そんなこんなで進めるとボス部屋らしき雰囲気の通路に到着。

ここで、気が緩みまs(

大塚、あっけなく死亡。3度目です。そしてこのゲームの残機数3です。
絶望です。一番最初のスタート地点に戻されました。

やる気を失った大塚、しかし吉田君の期待のまなざしを見て辛うじてやる気を取り戻しました。ありがとう、吉田君。

リトライです。やはり、一度プレイしたステージです。最速でボス部屋に到着。遂に、カットマン登場です。

やっと出てきたカットマン。攻撃の仕方がなかなかです。カットマンの頭に付いているハサミをこちらに投げて攻撃してきます。とても避けづらいです。
そして、意外と健闘し、あと一発まで追い込みます が、やはり大塚 期待を裏切りません。(やられました)

2回目のボス戦は難なくクリアしました。
1ステージクリアするだけでもこんなに手こずるとは思いませんでした。

というわけで、今回実際にプレイして紹介できたのはほんの一部でしたが、本当に楽しいのはこれからです。是非皆さんも一度プレイしてみてください!

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー