ラファエロの履歴書

こんにちは今回は三回目になります。

今日ご紹介するのはラファエロです。彼はダヴィンチ、ミケランジェロと並ぶ巨匠の一人です。

7d785f81623d6053844f24a63ddce727

ダヴィンチが様々な場所や仕事を転々とする放浪タイプだったとしたら、ミケランジェロは職人タイプ。そしてラファエロは若手の社長タイプです。

ラファエロの父は宮廷画家でした。ラファエロの才能を早くに見抜いて、8歳でペルジーノ工房に弟子入りさせます。ペルジーノもラファエロを高く評価し、十代になったラファエロを助手として使い、そこでラファエロはペルジーノの技術をおおいに吸収しました。このときからすでにラファエロは個人で絵画の制作の注文を多く受けていました。

20代になったラファエロは突然放浪の旅に出ます。その間様々な場所で絵画を描き1508年ローマに行きつくまでの4年間そのような暮らしを続けました。

ローマ教皇からヴァチカン宮殿の図書室の制作の依頼を受けたラファエロはすぐに制作に取り掛かります。この絵が有名な「アテナイの学堂」です。ラファエロの絵にローマ教皇に大変喜び、ほかの画家が描いていた絵も上書きするようにいわれます。この仕事を期にラファエロは拠点をローマに移して活動をはじめます。

さて、ラファエロは依頼された仕事をかなりはやく完成させることで当時人気だったようです。その秘密は彼が率いていた工房にあります。ラファエロは50名に及ぶ弟子や助手を抱えており、このラファエロの工房は当時最大規模のものでした。、弟子の中には既に画家として活躍しているものや、イタリアで名声を得ていた者もおり、他の工房と比べても技術水準も抜きんでていました。完全効率的な分業が行われており、ローマ教皇から頼まれたヴァチカン宮殿の図書室の壁画は工房と共に行い、後半はほとんど工房に任せっきりでした。

ラファエロは弟子や助手と協調し、問題点をまとめ、やパトロンともうまく話をつけ、工房の経営も効率的に行っていたといいます。極めてリーダーシップに優れていた人物だったようです。

ラファエロは下書きを描いて、ほとんどラファエロの工房に任せていました。しかし楽をしているわけではなく、工房の作業工程で最も長かったのがラファエロが下書きを描くまでだったといわれていました。

ラファエロは工房の運営だけでなくローマ教皇の「近侍」の地位についておりこれは高い年俸と地位の伴うものでした。ローマ教皇黄金拍車勲章とナイトの爵位もっていました。ラファエロはさらに高い地位である「枢機卿」になろうとしていたようです。残念ながらその野望が叶う前に37歳の誕生日に夭折してしまいます。

卓越した絵の腕だけではなく、リーダーシップ、企画力、経営力の才能がありそして野心をもった芸術家がラファエロです。まさにやり手の社長タイプといえるでしょう。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー