レトロゲーム実況!「バルーンファイト」

 どうも、インターン生の吉田です。

 今回は『バルーンファイト』を実況プレイして行きたいと思います。
%e3%82%bf%e3%82%99%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99-1

 『バルーンファイト』は任天堂が1985年1月22日に発売したゲームソフトで主人公のヘルメットを被った鳥…ではなく、人間を操作しスコアを競います。

 遊べるモード二種類あって、一つは、1ーPLAYERGAME、2ーPLAYERGAMEで遊べる面をクリアして行くモード。
 このモードは、画面内にいる全ての敵の風船を割って行くモードで、敵の全滅でNEXTステージ。1Pまたは1Pと2Pの両方の残機が無くなったらGAMEOVERになります。

 もう一つは“BALLOON TRIP”というモードで、画面が強制的に左方向へスクロールしていき、障害物を避けながら画面上のバルーンを割ってスコアを競う一人用モードになります。
 このモードは一度ミスをすると、そこでGAMEOVERです。

 
 さて、僕たちは二人いるので勿論2-PLAYERGAMEで遊んで行きたいと思います。

 僕が1P赤い方、大塚君が2Pの青い方を操作します。

 いつもながら、ゲーム初心者の僕は操作から覚えて行きますよ。

 取り敢えず、なんとなくゲームの使用は分かっているのでAボタン連打で空を飛びます。

 十字キーの左右で移動ですね。

 やっぱり操作は簡単。

 なのですが、このゲームは独特で慣性のついた動きが初心者の僕を翻弄します。

 対して大塚君は華麗に敵を倒して行きます。

 なるほど、後ろからつつけば良いんですね。

 必死にAボタンを連打して近づきますが、振り返る敵。なかなか操作も上手く行かず上からやられてしまいます。

 上を取れば良いと分かっているのに操作が下手で上へ上がれない。

 寧ろ高度は下がって水面近くへ、するといきなりひょいっ。大きな魚に飲み込まれてしまいました。

 ……え。

 すぐに死んでしまった。
 
 変わりに大塚君が一人奮闘します。

 一体、また一体と倒していき、ステージクリア!

 流石大塚君ですね。

 ステージが変わると敵キャラも増え、さらに雷雲まで出現しました。

 そこで事件が。

 あれ、僕のキャラが出てこないぞ……。

 そうなんです、実は気づいてなかったのですが、画面上のスコアの下に自分の残機を示すバルーンが表示されていたのです。

 僕のは既にバルーンは0。

 大塚君、後は頼んだ。

 しばらくすると敵キャラを捌き切り、次のステージへ。

 次のステージは下の土管からバルーンだけが出てくるステージ。これはボーナスステージですね。

 バルーンを捕るたびにスコアが追加されていきます。

 ボーナスステージを終えるころには僕の二倍程に……指を咥えて見てる事しか出来ない僕は悔しくてたまりません。

 そんなこんなで実況は終了。

 次やる機会があったら絶対最後まで生き残ってやりたいです。

 
 『バルーンファイト』をやってみて

 まずやる前に思っていたことが“簡単だろう”でした。しかし、いざやってみると“難しい”に変わりました。
 シンプルな操作性の中に慣性などの動作がゲームの面白さを強くしているイメージでした。

 このゲームを知らない人は僕と同じように慣性に慣れずにすぐにゲームオーバーになってしまうかもしれませんね。
 そんなことはない! って思う人は是非やってみてください。

 
興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー