レトロゲーム実況!「天下一武士ケルナグール」

 どうも、インターン生の吉田です。

 今日紹介するゲームは『天下一武士ケルナグール』です。
images-3

 このゲームは1989年7月21日にナムコより発売されたゲームで、中国拳法をテーマにしています。

 デザイナーが遠藤雅伸さん。
 過去に『ゼビウス』のゲームデザイン・プログラム・グラフィックを担当し大ブームを巻き起こしたり、『ドルアーガの塔』を手がけたりとゲームデザイナーとして超有名な人で「ゲームの神様」なんて呼ばれたりもします。

 『ゼビウス』といえば過去に大塚君が記事にしましたけど、あのゲームも面白かったので期待大です。

 ゲームとしては、あらかじめ用意されたキャラクターで戦う対戦モードと、広大なマップ画面を移動する修行モードがあるのですが、後者の方のモードでは町や道場・寺院を訪れて修行や試合、仙人から依頼いをこなして行く事で技が増えていくRPGに風味のアクションゲームになっているので今回は対戦モードをやってみたいと思います!

 まずは、キャラ選択。
 
 全部で15体のキャラクターから選ぶことが出来ます。

 凄い量ですよね、しかもこれ全部ステータスが違うんですよ! (見た目はほぼ一緒ですけど笑)

 さて、大塚君が1Pで、僕が2Pですね。選んで行きましょう。

 大塚君は『オウレキ』、僕は『ラオチュー』

 やっぱりまずは操作方法の確認からですね。

 十字ボタンはやっぱり左右で移動。下に入れるとしゃがみこみます。

 次にAボタン。蹴ったり殴ったりします。

 そしてBボタンでジャンプですね。

 ポチポチ、相手に近づいてAボタン連打。効いているのか分からない攻撃をうつべしうつべし。

 互いに地味にダメージが入った所で、間違ってセレクトボタンを押してしまい再戦開始!

 今回はちゃんと分かっているので負けないぞ。と、意気込んだは良いのですが大塚君のオウレキは蹴り。対して僕のラオチューはパンチ。

 リーチの差がきついのなんの。第一回戦は僕の負けです。

 二回戦。

 大塚君は『ワンジュツ』、僕は『カイフォン』

 ここで、大塚君があることに気が付きます。

 大塚君のワンジュツは体力が300ちょっと、僕のカイフォンは500以上ありました。

 カイフォン強っ!

 流石に体力差がありすぎて負けませんでしたが、ちょっと危なかった。流石大塚君だ。

 ラストは
 
 大塚君が『マオタイ』、僕が『ミンタイツ』を選択します。

 見たところ差は特に無いようです。腕の見せ所ですね。

 さあ、行け僕のミンタイツ。

 しかし、やっぱりゲームの申し子大塚君。

 状況を示すマークが名前の横にあるのですが、一瞬で『注意』そして『危険』へ。

 そして、ジャンプ中に攻撃されノックアウト。負けてしまいました。

 このときは知らなかったのですが、Bボタン+十字ボタン左右→Aボタンで空中殺法が使えるそうです。
 
 マスターせねば……。

 さて、今回も盛り上がりましたが、実はこのゲームの魅力はまだ半分もお伝えしていなかったのです。

 もう一つのモード、修行モードでは自分でキャラクターを育成することが出来、そのキャラクターで対戦することができるのです。

 時間が無くて出来ませんでしたが、絶対面白いですよね……。

 それでは以上『天下一武士ケルナグール』でした。
 皆さんも是非やってみてください!

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー