第6話 プレイステーションの歴史

こんにちはインターン生の利岡です。
今回は第6話今日から後半戦です。
今日は皆さん知っていると思います。みんな大好き、プレイステーションについて話していきたいと思います。

プレイステーションは、ゲーム業界に様々な影響を与えた歴史に残るゲーム機であり、そんな初代プレイステーションの歴史を振り返って行きたいと思います。
まず始めに、当初プレイステーションはスーパーファミコン向けCD-ROMドライブだったのです。正確に言うとスー
パーファミコン向け外付けCD-ROMドライブは、任天堂が任天堂ブランドとして発売し、
CD-ROMドライブ一体型スーパーファミコン互換機はソニーが家電流通によりソニーブランドで発売する計画であったのです。
開発コードネームは「プレイステーション」。この時点でプレイステーションという名前は存在していたんです。
ところが様々な問題により開発は中止になったのです。どうやら両者の間で争いが起きてしまったようで、それ以来、任天堂とソニーは犬猿の仲になったのです。
その後ソニーは独自でゲーム機を開発する事になり、名称も引き継がれました。この騒動を見て分かるように、ソニーのプレイステーション誕生のきっかけは任天堂も関係していたんです。

そして1994年12月3日に初代プレイステーション誕生!
k1118012233

ソニー独自のプレイステーションのプロジェクトが立ち上がってから約2年。ついに発売されました。
初代プレイステーションは3Dポリゴン描写能力に特化したものとなっており、
美麗なムービーやドラマチックな演出を多用した事により当時は子供のおもちゃだったゲーム機のイメージを一気に変えようとしたのです。

また、150万円という格安の価格で開発機材を提供できたのです。
さらにメディアがCD-ROMという事で販売価格も下げやすく、量産体制が整っていた事もあって非常にゲームが売りやすい環境だったと思います。

1994年当時はまだまだスーパーファミコンが強かったんですが、メディアがロムカセットという事で大量生産するにはコストがかかってしまい、
販売価格が1万円を超えるのもが多かったのです。それだけに5,000円~6,000円程度だったプレイステーションソフトの価格は非常に
安く見えてしまい、ユーザーからも魅力的だったと思います。
およそ半年で累計100万台を突破し、徐々に軌道に乗っていきます。

そんな流れを大きく変えたのが1996年初頭に発表された「ファイナルファンタジー」シリーズのプレイステーション電撃移籍です。
同シリーズはそれまで任天堂ハードをメインに展開されてきた超人気RPG。
そんな超人気RPGがプレイステーションというゲーム機によってより美しく、
ドラマチックに進化していくのは当時のゲームファンからしたらとても魅力的だったのです。
ファイナルファンタジー発売後は他にもドラゴンクエストなど大ヒット作が発売されたという事で1997年から1998年の間に
プレイステーションの国内累計販売台数は500万台から1,000万台に倍増し、据え置き型ゲーム機の中では
プレイステーションの一人勝ちといっても良いほど圧倒的な有利な状況になっていました。

その後2000年3月、後継機のプレイステーション2が発売されました。
そちらもゲーム機史上最高の初動売上を記録するなど勢いは素晴らしいものでしたが、
プレイステーション2には下位互換があった事もあり、
初代プレイステーション市場もまだまだ勢いは衰えません。
2000年夏にはなんと「ファイナルファンタジーIX」、「ドラゴンクエストVII」といった
日本を代表する大作RPGが揃ってプレイステーションで発売され、
いずれも300万本以上のメガヒットを記録しました。
特に「ドラゴンクエストVII」はプレイステーション史上最高の累計売上を記録。
シリーズとしても過去最高の売上だったこともあり、初代プレイステーションは新作がでても絶好調だったのです。
けれど、2002年に入った辺りからはプレイステーション2が軌道に乗り、
猛威を奮っていた初代プレイステーションもさすがに勢いが衰え始めてしまいます。
2002年に発売されたタイトルは226本でしたが、
2003年には46本。2004年には2本と一気に発売タイトルが少なくなっていきプレイステーション2の時代に変わっていったのです。
sueoki

これで初代プレイステーションの歴史は終わりです。
次回はプレイステーション2について書いていきます。

playstation_2

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー