一生で一度は参加するべきねぶた祭り!!

青森でインターン中の根本です。

インターン最終日となりました。初日以外は青森でのインターンでした。

初日の記事でも少し書いたことですが、今回はねぶたについて書いて締めたいと思います。

青森と言ったらリンゴとねぶたというのが、他県民からの強い印象であろう。実際に青森県民の夏はねぶたに始まりねぶたに終わる(青森県民歴22年友人談)。というのも、青森の気候は極端に夏日が観測される日が短い。ねぶた祭りが始まる8月の初旬から、急激に気温が上がりはじめねぶたが終わり、お盆が近づくともう秋の気配がし始めるのだ。毎年お盆のお墓参りには、今まで気配が全くなかったトンボが姿を見せ始めるらしい。
このように青森市民とねぶた祭りには、季節を感じさせるほどの強いつながりがあるのだ。
それでは、一体いつからねぶた祭りがおこなわれているか気になるものである。
ねぶたの起源には諸説あるが、もとは奈良時代あたりから始まったようである。かなり長い歴史を持っているのだ。奈良時代(710年~794年)に中国から渡来した「七夕祭」と、古来から津軽にあった習俗と精霊送り、人形、虫送り等の行事が一体化して、紙と竹、ローソクが普及されると灯籠となり、それが変化して今の形になったといわれているのだ。
国から無形文化財として登録されているだけはあって、長い歴史とその地域の人々に根差した文化なのだ。
ねぶたの醍醐味と言ったら、あの勇猛な大型ねぶたを見ることにあるのだが、あの作り方は実に古典的で職人の技と伝統の技術が詰まっているものである。
ねぶたの制作方法は、まず初めにねぶた絵と言われる原画を書くことから始まる。この絵は浮世絵や水墨画のようなタッチで描かれている絵である。なので、もちろん立体感は従来の絵に比べれば劣ってしまう。
%e3%81%ad%e3%81%b5%e3%82%99%e5%ae%9a

次に、この絵をもとにして、針金を組み立て立体の形に起こしていくのだが、立体にするにもこの絵を見て立体にしなければいけない。なので平面図を書き起こしてそれを目印に少しずつ組み立てていくのだ。これは流派によって顔が違う理由にもなっている。モデリングツールを使えばもう少し楽になるとは思うのだが、そうはいかないのだろう。おそらく職人の誇りというものがある。
その次は和紙を貼り付け、墨入れをする。ねぶたのあの鮮やかな色はすべて色墨でできているのだが、ところどころ透けている部分はどうやっているのだろうか。調べてみると
、透けているところには蝋燭のロウを塗っているらしい。そうすることにより、墨をはじいてマスキングする効果と、光を通す効果があるそうだ。なので、ねぶたの服の白い模様や目の白目部分に塗るのにつかわれる。小型の金魚ねぶたの斑点なんかにも持ち入れられるそうだ。
今回は大型ねぶたに焦点を当ててみたが、まだまだ跳人やマニアックなところでは化人なんでいうものまである。この熱気は実際に青森に来ないとすべては体験できないので、ぜひ一度青森まで来てほしいものだ。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー