バックアップをとる

情報の価値が高まっている現在、思わぬ事故で情報を紛失や削除してしまうことはなるべく避けたいものです。
それらを回避するためにバックアップというものが存在します。
バックアップとは情報を複製するなどして別の場所で管理することです。
バックアップにも複数の種類が存在します。

・イメージバックアップ
パソコンのOSやインストールされているソフト、保存されているデータを丸ごとバックアップする方法です。
データ容量によって時間がかかってしまいます。

・フルバックアップ
指定したファイルやフォルダ単位ですべてバックアップを取る方法です。

・増分バックアップ
前回バックアップしたデータに追加や変更があったもののみバックアップを取る方法です。
変化した分だけなので、上記の2つよりも時間はかかりません。

・差分バックアップ
前回フルバックアップしたデータに追加や変更があったもののみバックアップを取る方法です。
増分バックアップとの違いは前回のフルバックアップからの変更点なので
こまめにフルバックアップを取っていない限りそれなりに時間がかかります。
しかし1からフルバックアップを取るよりかは時間は短縮されます。

次にバックアップの方法についてです。

・ローカルバックアップ
パソコンに直接つないだハードディスクやUSBメモリ等にバックアップを取る方法です。
特別な技術は不要で、誰でも簡単にバックアップが取れます。

・ネットワークバックアップ
ネットワーク上にあるNASやファイルサーバにバックアップを取る方法です。
社内にネットワークを設置する必要があるため基本的な知識が必要になります。

・クラウドバックアップ
インターネットにあるクラウドサーバ上にバックアップを取る方法です。
社内に設備を用意する必要はありませんが、法人向けの大容量のバックアップには月額料金がかかる場合もあります。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー