レトロゲーム実況!「ドラゴンバスター」

どうも、インターン生の吉田です。

今日実況するゲームは『ドラゴンバスター』です。

%e3%82%bf%e3%82%99%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99-3

『ドラゴンバスター』(DRAGON BUSTER)は、ナムコ(現・バンダイナムコエンターテインメント)が1987年1月7日よりファミリーコンピュータ用で発売したアクションゲームでタイトルは直訳です

「竜を退治する者」

この名の通り各ラウンドのラストでドラゴンがボスとして立ちはだかります。

ストーリーは、

『ドラゴンに人質にされた王女セリアを助けるために、冒険をする主人公「クロービス」待ち構えている凶暴な魔物が潜む洞窟や墓場や塔。王女セリアを助けるために主人公クロービスは、ドラゴンを退治するという危険な度に出る。』

という、どこかの配管工と似た境遇の主人公のお話です。

ちなみにこの二人がクロービスとセリア姫です。

020

それでは、実際にプレイしてみましょう!

まずは『スーパーマリオブラザーズ3』のようにマップが表示され、クリアしたら行き先を選択して進んで行く形式になっています。

お城から始まり初っ端から分かれ道。適当に最初のステージを選ぶとすぐに中ボスっぽい奴と戦闘になりました。

主人公のクロービスはBボタンを押すとグルリと剣をぶん回します。連打することによってまるで縄跳びのように。

相手に近づきブンブンブンブン。

あっさりと敵を倒せました。

すると、上空に巻物のような物が。

Aボタンでジャンプできるのですが、と、届かない……。

仕方なく諦めて先に行くとここで大塚アドバイスが。

二段ジャンプできるよ。

それを聞き早速トライ。ピョン。ピョン。あれ? 

このゲーム二段ジャンプするのに本当にタイミングを合わせないといけないみたいで本当にコツが分かるまで難しかったです。

ようやく二段ジャンプも覚え、ある程度操作を覚えたらもう簡単でしたね。

危なげもなくどんどん先に進んで行きます。

簡単すぎて拍子抜けなくらいです。

ボスとして待ち構えているドラゴンも一瞬で死にます。本当です。

今まで数々のレトロゲームをやってきて共通していたことは“理不尽な難しさ”でしたが、このゲームは二段ジャンプ以外がイージーな感じです。

大塚君に代わると僕が気づかなかった道具の使い方も見つけ、より圧倒的に敵を蹴散らして行きます。

そして、ちょっと強めのドラゴンを大塚君が倒して時間切れになりました。撮影終了です。

今回の実況で分かったことは、難易度が高い方がやはり面白いということでしょうか。
簡単なのも一つの長所ではあるのですが、事ゲームにおいては短所にもなってしまうのではないかと思います。
僕くらいへたくそには丁度いいですが(笑)

まあでも、剣をくるくる回す主人公なんてクロービスくらいなものですし、攻撃されると自分もくるくる回されるのがクロービスです。
そんな回ってばかりのクロービス、皆さんも一度は使ってみては如何でしょうか。

以上『ドラゴンバスター』の実況でした

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー