レオナールド・フジタの履歴書

最近猫ブームで猫を描く作家が売れていますね。ヒグチユウコとかまさにそうですね。

さて、猫ブームで新しく現れた作家もいれば再びスポットライトの当たる作家もいます。

レオナールドフジタ。海外では絶賛されたにもかかわらず、日本では「忘れられた画家」と呼ばれた作家です。
10_20_192_up_pauo8ngx

1886年(明治19年)東京市牛込区、現在の東京都新宿区の新小川町の4人兄弟の末っ子として生まれます。父は陸軍軍医で森鴎外の後任として陸軍軍医総監督まで昇進した人物でした。

フジタは子供の頃から絵を描き始めます。高校を卒業するころには画家を志しフランス留学を希望します。

森鴎外の勧めもあったことから1905年東京美術学校の西洋画科に入学します。しかし当時の写実的な絵ばかりを追求する美術学校の方針に失望し、観劇や旅行と授業を抜け出しては同級生と遊びまわりました。1910年に卒業し。大学在学中に出会った講師と結婚します。しかしフランス留学を夢見ていたフジタは結婚から一年と間を置かずして、パリへ向かい、結婚は破城してしまいます。

1913年(大正2年)パリに渡仏したフジタは、家賃の安いモンパルナスに居を構えます。当時モンパルナスにはたくさんの芸術家が住んでおり、様々な画家と知り合いますこのとき出会ったパブロ・ピカソとは晩年まで親友として付き合いがありました。また、当時フランスにいた薩摩治郎八、とも知り合います。治郎八は一代で巨万の富を築き「木綿王」と呼ばれた薩摩治兵衛の孫でした。彼はパトロンとしてフジタを経済的に支えます。こkでフジタは様々な作家から刺激を受け、衝撃を受けたフジタは今までの画風をすべて捨て、再出発することをけついしました。

ところが、1914年パリで生活を初めて1年後に第一次世界大戦が始まってしまいます。のちに世界初の近代戦争といわれるこの戦争はヨーロッパ中を大混乱させます。

日本からの送金は途絶え、戦時下では絵など売れず、極貧生活を余儀なくされます。食事にも困るような生活でフジタは寒さのあまり自分の絵を燃やして暖を取ったといいます。そんな生活を2年も続けていると、いよいよ戦争にも終結が見えてきます。1917年このときフジタはカフェで出会ったフランス人モデルのフィルナンドと二度目の結婚をします。

このころ初めて絵が売れ7フランと決して高くはないですが収入を得ます。それから徐々に絵が売れ始め三か月後には個展をするまでになります。この個展でも高い評価を受け絵が売れるようになります。翌年1918年戦争が終わり、終戦の好景気でパリに多くのパトロンが戻ってており、このことがさらにフジタの追い風となります。

フジタの名声は絶頂まで高まり、始めは7フランしかつかなかった絵も、8000フラン以上で取引されるようになりました。

しかし、フェルナンドとは不倫が原因で離婚し、また新たに結婚した女性ともすぐに離婚してしまいます。二年後フジタは日本に一度帰国し、パリに戻りましたが第二次世界大戦がはじまってしまいます。

日本に貢献したいと考えたフジタはパリを離れ、日本に帰国し従軍画家として戦争画を多く手掛けます。しかしこれは失敗でした。終戦後フジタは戦争批判を受けます。さらにGHQにも追われるようになり、日本に嫌気がさしたフジタは日本を去り、生涯日本に再び帰ることはありませんでした。

フジタがフランスに戻ったとき、既に多くの親友画家が戦争で命を落とすか、外国に亡命しており、フジタ自身もマスコミから「亡霊」といわれる有様でした。

晩年フランス国籍を得て、さらにキリスト教の洗礼を受けてレオナルド・ダ・ヴィンチの名前から取ったレオナール・フジタと名前を変えました。
 この時期、子供がいなかったフジタは多くの子供を描きいていました。そしてフジタはパリを離れて隠やかな生活を送っていました。フジタは学校帰りの子供たちと語らうのを何より楽しみにしていたといいいます。

フジタは才能があり、人脈もありました。しかし時代が悪かったせいで二度の戦争に巻き込まれてしまいます。第一次大戦のときはどんなにつらい生活でも決して日本に帰ろうとしませんでした。尊敬に値すると思います。彼は「グローバルタイプ」国内だけでなく海外に目を向けた画家でした。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー