スマホのセキュリティ、大丈夫?

現代を生きる人々にとって、もはやなくてはならない電子機器となったスマートフォン(以下スマホ)。
2015年度内閣府消費者動向調査によれば、スマホの普及率は67.4%に達し、スマホ以外の携帯電話の普及率を越える結果となった。
(http://www.nikkei.com/article/DGXLASDF08H0R_Y6A400C1EE8000/ 日経の記事より引用)

それほどまで普及しているスマホであるが、ガラパゴスケータイ(以下ガラケー)と同じような、携帯電話として一括りにして使っているユーザーも多いのではないだろうか。
スマホは従来の携帯電話であるガラケーとは可能なことの幅が非常に広い。
しかしそれは同時に危険の幅も同様に広がったとも言い換えることができるのではないか。

スマホとガラケーの大きな違いとして、有しうる情報量の違いと種類の幅である。
ガラケーにももちろん個人情報が多く含まれていた。
しかし、スマホにおいて情報量とその種類は比べ物にならないレベルであり
紛失・漏えいした際のリスクは当然大きくなる。

本記事ではOS別にセキュリティ対策を扱う。
紛失時にどのような処置を事前にしておけば、最低限被害を防げるのかを見ていこう。
今回対象とするOSはiPhoneのIOSと、Androidである。

【IOS・Android共通】

☆パスワードを設定する
スマホを扱う上で入口として設置しておくべきものがこのパスワードである。
スマホに限ったことではないが紛失時が最も情報漏えいのリスクが高まる。
その際の一次対策としてパスワードを設定しておくことは、セキュリティ対策の第一歩と言える。

☆OSを最新状態にアップデートする
OSを最新にアップデートすることでセキュリティ強化はもちろんのこと、新機能の追加等が見込めるので積極的にアップデートしていこう。

☆紛失時に遠隔ロック、遠隔削除ができるようにしておく
《IOSの場合》
iCloudを利用して、iPhoneを遠隔ロックすることができる。
iCloudからiPhoneを探すという機能をオンにして
実際に紛失した時にiPhoneを探すというアプリを起動して紛失モードをオンにする。
同時に遠隔削除も可能なのだが、それ以降位置情報が特定できないため追跡不可能となる点は要注意である。

《Androidの場合》
設定からAndroidデバイスマネージャーを開き〔リモートでこの端末を探す〕〔リモートでのロックとデータ消去を許可する〕の2つをオンにする。
そして実際に紛失した時にAndroidデバイスマネージャーにブラウザ等でアクセスし、Googleアカウントにログインする。
スマホが見つかり次第新しいパスワード等を設定し、拾い主からの連絡を待つ。
iPhoneと同様に遠隔削除も可能だが、AndroidもiPhoneと同様に追跡不可能となるので要注意である。

★ブラウザ、ID、パスワードの履歴をこまめに削除する
上記の2つからすると少し進んだセキュリティ対策になるが
ブラウザ(SafariやGoogle Chromeなど)に残っている履歴や、IDやパスワードもスマホ紛失時に思わぬところで情報漏えいの種になる。

例えばブラウザ上でSNSやメールを開きっぱなしにしていて、それをスマホ紛失時に他者によって操作されてしまう。
またブラウザ上で保存しておいたパスワードが紛失時に他者に知られてしまい、そのパスワードが様々なサイトで同じものを使っているとしたら
被害はさらに拡大していく。

以上が各OS共通してできる紛失時のセキュリティ対策の初歩である。
両方使っているユーザーも多いと思うので、しっかりと対策をしておこう。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー