大会で勝てるデッキ選択

こんにちは!インターンシップ生の二宮です!

第4回目です!今回は前回の続きで「大会で勝てるデッキ選択」をお話します!

前回は「コピーデッキ」についてを話しました。では大会で勝てるデッキというのは何なのか?
一つずつ見ていきましょう!

一つ目は
「その時点で一番強いデッキを使用する」

これはその時点における最善と思われるデッキを使用することで、一番有利に戦うことが出来ます。
では、TCGにおける一番強いデッキとは何なのか?
これは私の考えでもありますが、
「その時の環境で様々なデッキに五分かそれ以上で戦うことが出来るデッキ」
この条件が必ず入ると思っています。
なので複数のデッキタイプが存在してもおかしくはないです。

また、運の要素にどれだけ比重を割いてるかも考慮の一つにあげるべきです。

例えば、対戦相手を早い段階で倒すアグロ、ウィニーと称される速攻デッキ、
このようなデッキタイプは最初に引いたカード等の運に左右されがちです、
大会では一敗が命取りになるため、この安定性も考慮に入れたデッキを選ばなければいけません。

二つ目は
「一番流行っているデッキに対してのカウンターデッキを使用する」

TCGは一番強いデッキを選んでも基本的にどこかに穴があるか、苦手な事が必ず存在します
(稀に無くてそのデッキ以外が殆ど居ない場合も存在しますが…)
その穴を突くデッキが「カウンターデッキ」と言って環境に必ず現れます。

一番強いデッキは多くの人が大会で握っているため、そのデッキを相手に有利に戦えることは
かなりのメリットといえ、デッキ選択の一つの策になります。
ただし、カウンターデッキは一番強いデッキと違って
「様々なデッキに五分かそれ以上で戦えるとは限らない」
環境を見極めて、一番強いデッキ以外と当たったときにどうするか、これが課題といえます。

3つ目は
「自分のプレイングに合致するデッキを作る」

例えば、環境によってコントロールデッキやコンボデッキが強い環境とします。
しかしこのようなデッキはプレイが難しい傾向にあります。
一つのミスが後に大きな失敗に繋がってしまったりすることもあり、
大会でのミスは見逃せない場所です

その時一番強いデッキは簡単なものとは限りません
「プレイが簡単か、ミスなく動かしきれるのか」
デッキの強さだけでなく、このような点も考慮に入れるべきといえるでしょう。

4つ目は
「時間制限を考える」

TCGは一試合の時間はデッキにかなり左右されるものといえます。
長いときは1時間はかかったりします

ですが大会によっては試合の時間が40分など設定されている場合が存在します
その時に決着が付かず、引き分けによる負けの場合も多く存在します。
また、1ターンの時間も設定されている場合もあり、デッキタイプによってはその事も
考慮に入れなければなりません。

「その時一番強いデッキでも、時間をかけすぎるデッキは不利に働く場合もある」
自分の思考時間、相手の思考時間、大会の規定などを考慮に入れましょう。

一番強いデッキではなく、「一番勝てる」デッキ
これが大会で勝てるデッキ選択です。大会に行くときはこの事を心がけると勝率があがるとおもいますよ!

次回は「大会で勝つためのプレイ」についてお話をします。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー