大会で勝つプレイ

こんにちは!インターンシップ生の二宮です!

ついに第5回目です、TCGだけではネタ不足になりそうだと思ってたら、
案外なんとかなりそうでよかったなぁ・・・(不安)

今回の話のテーマは「大会で勝つプレイ」です。

正直言って、大会で勝つプレイはプレイするトレーディングカードでかなり変わります。
TCGというのはゲームごとにルールが大幅に変わっていきますから・・・
しかし、色々なTCGで応用できるテクニックはあるので今回はそれを見ていきましょう。

まずは「ブラフ」です
これは手札に強いカードがないですが、あるかのような動きをして相手にミスプレイを誘うテクニックです。

これは大会においてはかなり重要なテクニックでこれをされてほしくないというタイミングで
「考えます」と言う事で相手はそれを見越した動きを行い、結果的に弱くなる事があるからです。
また、表情などを利用することも大切です。捨てられたくないカードをジッと見る事や
逆にいやそうな顔をすることもブラフの一つといえます。

ブラフを行うのと、行わないのでは相手の動きやすさが断然違います
相手には見えない情報ということを意識することは大事といえます。

次のテクニックは「カウンティング」です。
これは、相手の墓地等の公開情報を確認することで有利に立つテクニックです。

例えば次の場面であのカードとこのカードが揃っていたらマズいという事があるときに
事前に墓地を確認をして、相手の墓地にそのカードが3枚落ちていたり、持っている確率が
低い等の情報を割り出すことが出来ます。

相手の公開情報を確認して次の行動を予測し、その上で最善の行動を考える重要なテクニックです。
勿論自分の公開情報も考慮することは大事ですよ。

他にもテクニックはありますが、それはTCG全般では使用不可能な物も多いので省略させていただきます。

カードゲームにおいて大会で勝つプレイは、
「ケア」「見切り」「プラン」「形成」「知識」で構成されています。
これらの情報が多いときには詰め将棋のように最適解が導かれます。
しかし、情報が少ない場合には最適解は導き出せず、そういうような時に情報を引き出したり、情報集めをしていくことが
「勝つプレイ」といえます。

どのように勝利までの道筋を構築していくのか、如何に相手の情報を引き出せるかが「大会で勝つプレイ」です。

今回で大会で勝つためのシリーズは終わりです!
次回は「主流なTCG」のテーマでお送りします

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー