健康と筋トレ スクワット

皆さんこんにちは、インターン生の安宅です。今回下半身の筋トレを紹介したいとおもいます。

題1回から4回まで主に上半身の筋トレしかしていなかったので、ちゃんと下半身もやらないとですね。
私も筋トレは上半身を鍛える方が好きなんですが、下半身のトレーニングは苦手です。
しかし、下半身をおろそかにするとアンバランスになってしましい、いわゆる『チキンレッグ』と比喩されてしまいます。
上半身だけがっちりして下半身がひょろひょろなんて恥ずかしいですよね。そして下半身を鍛えることによって様々なメリットもあります。
いくつか紹介していきましょう。

1代謝が上がる

下半身を鍛えることによって筋力が増し基礎”代謝”が向上します、代謝というのは『、生命の維持のために有機体が行う、外界から取り入れた無機物や有機化合物を素材として行う一連の合成や化学反応のことであり、新陳代謝の略称である。 これらの経路によって有機体はその成長と生殖を可能にし、その体系を維持している』というものらしいです。
なに言ってるか分かりにくいですが、ざっくり言うと代謝が上がれば一日の消費カロリーが増え痩せやすくなるという事です。

代謝は筋肉量を増やすことで上がります。なので他の部分を鍛えても基礎代謝向上します、ですが下半身を鍛えたほうが効率がいいのです。
何故かと言うと体全体の筋肉は下半身に多く集まっているからです。つまり身体全体の筋肉量を増やすときは下半身を鍛えるのがいいといわれています。

2痩せる
スクワット等の下半身を鍛えるトレーニングは脂肪燃焼効果があります。スクワット1回で腹筋100回相当のカロリーを消化できます。(まぁランニングとかのが効果的ですが)
そしてスクワットは、プッシュアップ等と同じ自重トレーニングなので、基本どこでも出来きます。しかしとてもハードなトレーニングです。因みに私はとっても苦手です。

3かっこよくなる
説明不要ですね

他にも沢山ありますがおもに、ダイエットに効果的って感じですね因みにスクワットは『筋トレの王様』と呼ばれています。

~スクワットのやり方~

*さっきも書きましたがスクワットはとてもハードなトレーニングです、自分の体力にあった回数をやりましょう。

1.肩幅より少し広めに足を開き、指先を外側に向けて立ちます。手は腰・胸の前・頭の後ろのいずれかにおきます。
腰→胸の前→頭の後ろの順で負荷が大きくなります。普段運動する習慣のない人は、手を腰においたフォームから始めると良いでしょう。

2.息を吸いながら、お尻を突き出すようにして太腿が床と平行になるようにしてしゃがみます。背筋を伸ばして背中が丸まらないようにしましょう。

3.息を吐きながらゆっくりと体を起こし、ヒザが伸びきらないところでストップ。背中が丸くならないように、背筋を伸ばすように姿勢にも注意しましょう。
(ヒザを伸ばしきると、ヒザに負担がかかりやすくなります。伸ばし切らないで行うことによって、太腿・お尻などにかかっている負荷を維持することができます。)

4.2→3を繰り返します。回数は5回または10回を2~3セット行いましょう。
慣れてきたら1回に行う回数・セット数を増やしていきます。

1日50回を目安といわれていますね、連続ではなく15×3セット って感じです。

やりすぎには注意です。翌日の生活に支障をきたしたりします、筋肉痛で朝起きてベットから立ち上がるのも億劫になりますね。
何事もオーバーワークはNGです、しっかりと自分にあったトレーニングをしましょう。

http://dietsite.biz/sukuwatdiet-189.html
http://kintorecamp.com/squat-muscles/

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー