主流なTCGの特徴

こんにちは!インターンシップ生の二宮です!

前回の続きで「主流なTCGの特徴」でお送りします。
基本的に主流なTCGの特徴を一つずつ紹介していく形になります。
TCGはゲームごとに特徴が分かれていることが多いのです。
というわけで早速紹介です!記念すべき一個目はコレです!

「マジック:ザ・ギャザリング」です!

このゲームはなんと世界初のTCGです!略称としてはMTG、マジック、
ギャザと呼ばれています。
さて、このMTGの特徴はいっぱいあるのですが、他のゲームと違う点は
「細かいルール、カードの種類が最多」といった点が違います。

MTGのルールの細かさはそれだけで一冊の分厚い本が出来るといっても過言ではないです
さらにそれは日々、矛盾や問題点がないか検証され、改定され続けています
そして、さらにそのルールを理解度や大会運営能力で
Lv1~3までジャッジ資格というものも存在します。
Lv3になるにはMTGの元の英語も理解できないとダメなようです、
このようにMTGは細かいルールやそのルールの精度も高く、他との違いと言えるでしょう。

もう一つカードの種類が最多という部分です
これは、出た期間もあります、1993年から現在までおよそ19年続いています!
そしてカード数は1万種類以上です!そのため効果も様々な物が揃っていて様々なコンボを
作ることが出来ます。
ですが、「初心者がカードを集めるのに一苦労ではないか?」という点が思い当たると思います。

しかし、MTGではローテーションというシステムがあります。
これは、新しいパック3つが出る度に、2年前のパック3つが大会で使えなくなるというシステムです
これにより、どんな強力カードでも時が立てば使えなくなります。
初心者は、その間のパックのカードを集めることですぐにMTGを始めることが出来ます。

ただ、こうも思うかもしれません。
「どんなにカード買っても2年で使えなくなるの?もったいない」
しかし、MTGにはその様な場合のために「エクステンデッド」「レガシー」「ヴィンテージ」と呼ばれる大会があります。
「エクステンデッド」は過去7年、「ヴィンテージ」「レガシー」は過去全てのカードが使える大会です。

このようにMTGは様々なルールの大会が制定されており、過去のプレイヤーも新規のプレイヤーも楽しめる
そしてルールがとても細かいというのが特徴となります。

思った以上に長く書いてしまいましたね・・・次回からは2つずつくらい紹介して行こうと思います!
次回は「主流なTCGの特徴②」でお送りします。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー