e-Sportsゲーム紹介#4

今回紹介するゲームはDota2です!

Dota2はDefense of the Ancientの略で敵基地に攻め込んで相手の本拠地を破壊するゲームです。
Moba系ゲームの親のような作品です
Dota2は2というだけあり2作品目なのですが、DotaはBlizzard Entertainmentが出しているWarcraftⅢのMODであるDefense of the Ancientの続編なのです。続編といいつつもリメイクのような感じで作られています、開発はValve社がおこなっています。

じゃあ実際どんなゲームかというと
前に紹介したゲームのLoLと同じような感じです
LoLはこのDotaが元のゲームでですので基本的な部分は同じに開発されているのです
ではDota2とLoLの違うところをみてみましょう
Dota2はLoLとちがい
味方を攻撃することが可能であったり、所持金を敵にやられたときに落とすことがあったりするのです。
これはほんの一部ですがLoLや他のMobaのゲームとはどこか違うみたいです。

Dota2は基本プレイは無料なのでお金をかけずにも遊べます。
課金もありますが、課金することで強さが変わらないようにスキン、HUDのアナウンサーや大会の観戦権を購入することができます。
無課金でもスキンがゲットできるように試合終了した時にスキンがランダムで入手できます。その入手したスキンをSteamで売買したり友人と交換したりすることもできます。

さて、Dota2の大会についてです
ちょっと前の記事にもすこし説明しましたけどDota2は賞金総額がとんでもなく高いです。
2015年大会の賞金は22億円になりました。
22億はどこから来たかというとDotaには大会観戦チケットというものがありその売り上げの一部を賞金に追加させるという仕組みをさいようしています。2016年大会はもっと高くなるとが期待できますね。
どうして観戦するチケットがそんなに購入されるか、というと
確かにプロの試合が見たいと思って買う方が多いのですが、そのチケットを購入することで課金アイテムがもらえるのです、そして買った全ユーザー数に応じてほかにももらえるので知り合いや友人に買わないかーっとユーザー間で言い合ってくれるので売れるというわけどなのです。

私はDota2をやったことがなかったのでこれを気に面白そうなのでやってみようと思っています。
みなさんも是非遊んでみてはいかがでしょうか!

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー