是非観てほしい映画⑪ 「A.I」

こんにちは。
本日もオススメの映画を紹介していきたいと思います。

今回はスティーヴン・スピルバーグ監督作品、近未来の世界で心を持って生まれたロボットの
哀歓を描いた2001年公開アメリカSF映画「A.I」を紹介します。

舞台は未来の地球、技術の進歩に伴い地球温暖化が進み土地が減少したため
人類の妊娠や出産には制限が設けられ、人間に代わる労働力として少ない資源で活動する
ロボット達が普及していました。
そんな中ロボットの製造会社は人間と同じ愛情を持つ、少年型ロボットのデイビットを開発、
社員であるヘンリーとその妻モニカの元へ試験として送り込みます。
息子が不治の病に掛かり目を覚まさず息子を失ったも同然であった夫妻はロボットである
デイビットを実の息子のように可愛がり、デイビットもその愛情に答えます。
しかしそんなある日、夫妻の息子であるマーティンが奇跡的に容態を回復、目を覚ますのでした。

実の息子たり得るようプログラムされ生まれたデイビットは自身を起動したモニカに愛されるため、ただひたすらに行動します。
それがただのプログラムなのか本物の愛情によるものなのか、人間とロボットは
どこから違うのか、など様々なことを考えさせられる作品でした。

作品の公開当時と比べても技術は急速度で成長し、当時では考えられないものも現代では実現しています。 
この映画のような世界はもうすぐそこまで近づいているのかもしれません。
普段当たり前のように使っている機械やデジタル製品に今一度向き合ってみてはいかがでしょう。
いくつもの感情が沸き立ってくるこの作品を是非一度観てみてください。

この記事を読んで興味を持って頂けたら幸いです。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー