unityを使ってブラックジャックを作る 1日目 ゲーム作りにおける仕様書の大切さ

はじめまして、インターン生の小宮と申します。
今回のインターン中にゲームを1つ作るということでC#を触った事があって、Unityを使える環境があればこの記事を見るだけでゲームを作る事ができるような記事を書いていけたらなと思います。

それでは今回は仕様書やフローチャートについて説明します。
仕様書、フローチャートと聞いて「わざわざ作らなくても頭の中で整理しておけばいい」と思う人もいるかもしれません。
もちろん、仕様書などが無くてもゲームを作れてしまう人はいるでしょう。ですがそれはあくまで一部の人だけの話であって、実際にチームでゲームを製作をしてみると仕様書が無い所為でどのような処理をすればいいのか混乱し、プランナーに確認を取るために作業が止まってしまうということも少なくありません。

また、チームで製作する時だけ仕様書があればいいというわけでもありません。
例えば自分1人で作る場合でも、実装したい仕様を箇条書きにしただけの簡単なものがあるだけで現在どこまでできているのか、あと何を実装すればいのか等を一目で確認する事が出来る上、どのくらいの期間でできるかというスケジュールも立てやすくなります。

では、次はどのように書けば良いのかです。
とは言っても私はプログラマー専攻ですので「こう書けば完璧!」というように教えられるわけではありません、もし仕様書の書き方を完璧に教える事ができるなら私はプランナーを目指してます(笑)
ですが仕様書とはどういうものか1つだけお教えすることができます、それはズバリ

「その仕様書を見るだけで誰でも同じゲームが作れること」

です。一見当たり前のことを言ってるだけに聞こえますし事実当たり前のことではあるのですが、いざ仕様書を作ってみるとこの条件を達成するのはとても難しいです。
実際、私はチームでゲームを作った経験がありますがこの条件をクリアできた仕様書には一度も出会っていません。
もちろんチームを組んだプランナーがダメダメだったというわけではないです。ダメダメどころか彼らが作ってくれた仕様書はとても分かりやすいものでした。
ですが先ほどの条件をクリアできませんでした、それは何故でしょう?
その「仕様書を見るだけ」で同じゲームが作れる、つまりいくら細かい部分でも誰かに聞く必要の無い完璧なものということです。
もしそんなものを作れるならその人は今すぐ就職できるでしょう、少なくとも私には無理です。

では前置きがとても長くなってしまいましたが本題に移りましょう、仕様書の大切さについて軽く説明するはずが予想以上に筆が乗ってしまい申し訳ありません。
今回仕様書に書くことですが
「ゲームの初めから終わりまでの流れ」
「ゲームルール、計算等の処理の仕方」
この二つだけです。

たとえ箇条書きにしただけのものだとしてもこの二つが書いてあるだけで一気に作りやすくなります。
なのでまずはこの二つを書き出し、Excel等にまとめておく癖をつけておくとゲームを作る時にとても役立ちます。

それでは今回はこれくらいにして、次回からプログラミングやUnityの使い方について説明しながら実際にゲームを作っていこうと思います。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー