Unityでポーカーを作る その2 カードの交換

こんにちは。インターン生の小玉です。
2日目です。特に初日のような説明は無かったので朝会の後すぐに制作に入りました。
カードを交換する。
言葉にすると1行ですが、それを作るとなると大分事情が変わってきます。
カードが選ばれているか、それはどのカードか、選ばれたカードを捨て、カードを引く。
大分処理が
まずは、カードが選べるようにCardにButtonをつけました。

これでカードを選べるようになりました。

次に、カードが選ばれてるかの変数を作り、画面上に選んだことがわかる「CHANGE」というテキストを変数により制御しました
カードが選び終わる、または選ぶ必要が無いなら交換を行います。
そのための「Change Button」を配置しました。
これを押したら交換が行われます。
前回作った「トップのカードを1枚引く関数」を使い、選ばれたカードにだけその処理を施すようにしました。
そしてできたので実行してみましょう。


6のツーペアからは変わりませんでしたが、うまく交換されているようです。

さて、お次は一番頭を悩ませるであろう役判定です。
ひとまずは、判定させる関数の枠を作り後は条件式を入れるだけです
それは次に考えます。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー