第15回「TRPGと民話や伝承などの関係性とは?」

皆さんおはようございます、インターンでお世話になります天野です。今回ご紹介するのは、[TRPGと民話や伝承のなどの関係性とは?]です。
TRPGにおいて民話や伝承などが関係あるのですか?と思われるかもしれませんが、大いにあります。TRPGは色々なデザイナーさんがシステム「ルールブック」を作成しているのですが、そのシステムの世界観を作成するために、世界の様々な民話・伝承・童話・神話などがあり分類をする事が大変ですが、様々な物をモチーフにして世界観などを作成しています。

例を挙げると、以前挙げた「コードレイヤード」と言う作品は、英雄や偉人の力を借りて戦うと言う作品ですが、英雄達について個と細かく書かれた資料が民話や神話等々があげられます。
たとえば、クーフーリン=「ケルト神話」シンドバッド=「千夜一夜物語」アーサー王=「アーサー王や円卓の騎士」ナイチンゲール=「伝記」などこれらのキャラクターは、モチーフとなる作品がありそれを元に作られています。
Fate/stay nightやFate/Grand Orderなどのゲームも民話や伝承を元に様々なキャラクターを召喚しているのですが、その中で異彩を放っているのが上記に挙げた「ナイチンゲール」です。
ナイチンゲールと聞くと天使のような女性を想像される方も多いと思いますが、Fate/Grand Orderと言うゲームにおいてはバーサーカーと言うクラスがあるのですが。
生前に「発狂した事がある」や「狂気的な行動を取っている」等がバーサーカーとして召喚されると言う条件なのですが、戦場に舞い降りた天使といわれたナイチンゲールにはこれらの条件が当てはまらないと思いませんか?それは、彼女の一面しか見ていないからです。
彼女の逸話「これらが全て正しい保障はありませんが」を詳しく調べていくと、バーサーカーたる所以がが見えてきます。
ナイチンゲールは裕福な家庭に生まれたのですが、姉や母達の反対を押し切り看護師の勉強をし、病院に就職してしまうのです「しかも、無給だったと言われる」。
その後のクリミア半島での戦争をきっかけに、看護師として従軍することを決意します。クリミアでの野戦病院はあまりもの不衛生ぶりに地獄のようだ言われ、野戦病院に運ばれた患者の死亡率が40%と言われていました。
しかし彼女は、そういった状況を統計学と衛生の徹底を改善することで、僅か数ヶ月の期間で死亡率を5%前後まで改善することに成功しました。
それは彼女の、「狂気的なまでの」人を救いたいとの思いが実った結果でもあります。ここまで聞くとやはり白衣の天使というイメージは変わらないと思いますが、「狂気的な働きぶり」と言われた逸話が、彼女にはあったと言われています。戦場で看護師として働いた期間は2年前後だったと言われています。その後の彼女はどうなったかと言うと、その働き振りが原因とも言われているのですが、心臓発作で倒れてしまい90歳までベッドで寝たきりの半生を送ったのです。そして、誰が相手でも怯まず物言う「陸軍や政府関係者など」姿勢も、他者から見れば、「狂気的な行動」にも見えていたのかもしれません。
そんな彼女の残した逸話は、時を経てFateのナイチンゲールのキャラクターを作成する時に、この逸話に目をつけたようです。
その結果、人の話は利かない・意思は曲げない・誰にでもズケズケと物を言う・負傷者を見つけたら「とりあえず治療させろと言う」など、従来の白衣の天使と少し違ったイメージのナイチンゲールが完成したのです。そして彼女は、患者を救いたいと言う狂気にとらわれたキャラクターとなりました。しかし、彼女には「物事の本質を見抜く眼「本質は見抜いているが、狂気的な行動を取る」」や「この世の全ての傷を癒したい」と言う行動で動いていたためか、やはり兵士たちからは「天使」と見られていました。

TRPGやゲームシナリオを作るときに、民話や伝承などを知っておくとこのように従来と違う、魅力的なキャラクターが出来ます。
もし、ゲームのシナリオや小説など物語を作成する仕事につきたい、と考える人は民話や神話などを読んでおくと、作品つくりの参考になると思います。

長くなりましたが、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

天野槙一

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー