アドバンストプログラムとは②

こんにちは。インターン生の山本です。

前回はアドバンストプログラムのうち2つを紹介しました。
今回はその続きを紹介していきたいと思います。

今回は私の通っている学校でもあるバンタンと提携したアドバンストプログラムについて紹介します。
バンタンでは常に最前線の現場で活躍するプロが講師を務め、実践型の教育にこだわり続けている、様々な分野に面した専門学校です。
ではその様々な分野の1部を見てみましょう。
 ・ファッション
 ・パティシエ・シェフ
 ・トータルビューティ(ネイリスト、ヘアメイク、美容部員)
 ・ゲーム
 ・アニメ
 ・声優
これらの分野の授業を、アドバンストプログラムではN校生であれば無料で受講することが出来ます。

次にdwangoと提携したプログラミング授業について紹介します。
プログラミング授業では、ドワンゴで実際にサービス開発をしているエンジニアが講師となって初心者がゼロから始めて、
最終的にはニコニコ動画のようなサービスを構築する技術までを学ぶことができます。

プログラミング授業で学んで身に付くことは主に3つあります。
①ニコニコ動画のシステム(だいたい)を1から自分で作成できる
②オリジナルのスマホアプリを作成できる
③Webサービスを作成して全世界に公開できる

さらに、プログラミングスキルだけではなく、開発環境構築や、コンピューターサイエンスといったエンジニアとして必要な知識を
身につけられるカリキュラムになっています。
ちなみに、こちらの授業もN校生であれば無料で受講することが出来ます。

次にスタンフォード大学国際教育プログラムと提携した授業について紹介します。
スタンフォード大学で行われている高校生対象国際教育プログラムはスタンフォード大学が20年以上前から行っている高校生向けの教育プログラムです。
14〜17歳を対象に、世界中のトップレベルの高校や教育機関から生徒が集まり、生徒たちは2週間スタンフォード大学の
文理学部・工学部・医学部・ビジネス学部で実施されている授業分野を学ぶことが出来ます。

国際教育プログラムの目的は
・学びに対して熱意ある生徒に対しての国際的な教育体験
・世界中から集まる同年代の生徒との交流の場
・サンフランシスコ海岸地域とシリコンバレーの多様性の体験
・アメリカでの大学留学に必要な英語力、コミュニケーション能力等のスキルの向上
などがあります。

また、スタンフォード大学には多くの学習プログラムがあり、文化交流やシリコンバレーなど、様々なプログラムを通して
英語力やコミュニケーションスキルを向上させることが出来ます。
是非行ってみたいものですね。
ちなみにこちらのプログラムはさすがに無料というわけにはいかず、合計約20万円程度のお金が掛かります。

アドバンストプログラムについて2回に分けて紹介させて頂きました。
なんとなく分かっていただけたでしょうか。次回はN高等学校の校歌についてすこし紹介したいと思います。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー