過去の賢者達 ゴヤ編

どうもインターン生の坂本です。
今回はゴヤを紹介していきたいと思います。

それでは簡単な来歴を紹介します。

1746年、スペインのフエンデトードスに生まれました。父親は鍍金師であり、芸術を愛好する気風の中で育ちました。
14歳の時から約4年間、サラゴサで地元の画家のもとで絵画の修行をします。
この間、のちにゴヤの義兄となる、兄弟子・フランシスコ・バエウ、その弟ラモーン・バエウに出会います。
1763年と1766年の2回、サン・フェルナンド王立アカデミーに出品しましたが落選してしまいます。
そしてその4年後、大画家を目指してイタリアのローマに行き、イタリア滞在中にルネサンスの傑作に出会い、フレスコ画の技法を学びました。
1771年ゴヤはスペインに帰国しました。

そして27歳の時、バエウの妹ホセーファと結婚します。
1774年、バエウの手引きでマドリードへ出て、1775年から十数年間、王立タペストリー工場でタペストリーの下絵描きの仕事に携わるようになります。
1786年、40歳で国王カルロス3世付き画家となり、1789年には新王カルロス4世の宮廷画家となります。
しかし、40歳代にさしかかって、ようやくスペイン最高の画家としての地位を得たゴヤは、1792年、不治の病に侵され聴力を失う。
今日ゴヤの代表作として知られる『カルロス4世の家族』、『着衣のマハ』、『裸のマハ』、『巨人』などはいずれも、ゴヤが聴力を失って以後の後半生に描かれたものだったそうです。

1812年ゴヤの妻が亡くなってしまいますが、1815年、ゴヤは、40歳以上も年下のレオカディア・バイスというの家政婦と同棲します。
1819年にゴヤはマドリード郊外に「聾者の家」と通称される別荘を購入しまし制作を続けました。
その後当時のスペインの自由主義者弾圧を避けて1824年、78歳の時にフランスに亡命し、ボルドーで暮らすようになりますが、1828年ゴヤは亡命先のボルドーにおいて波乱に満ちた生涯を閉じました。

自分の最盛期に不治の病にかかったり妻がなくなったりしても絵を描き続けた姿勢はすばらしいなと思いました。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー