12球団勢ぞろい!無念の選手名変更!?ファミリースタジアム’88年度版

皆さんこんにちは!本日よりインターンシップに参加させていただく服部 敬仁です。
さて、本日、私は会社の説明やら秘密保持の書類やら会社の社員の方、同じインターンシップに参加している方々の紹介、使用ツールや連絡用サイトの登録、連絡用アドレスのアカウント作成などで一日が終わると考え、昨日はどう自己紹介しよう、会社の社員の方々や同じインターンシップ参加する方々を覚えられるかそこそこ不安で気がついたら夜の11時を回っていました。朝は6時30分に起き支度を済ませどんな会社なのか期待をし、必要事項や必要書類の作成で終わるのだろうと考えていたらまさかのゲーム実況をやることになりました。
前々から実況自体には興味があったのですが、作って上げるとたたかれたりするので見るだけでしたが今日からはどうやら違うようです。

さて、前置きが長くなりましたが実況動画の説明をしていきたいと思います。
今回実況したゲームは「プロ野球ファミリースタジアム’88年度版」です。
発売は1988年12月20日私は現在22歳なので当然生まれてないしこのゲームも初プレイです。
どんなゲームかと言うと「1988年12月にナムコから発売された大人気野球ゲームの第3弾。」らしいです。実況動画を見ていただいた方は分かると思いますが、あのクオリティで第3弾です。
私はNINTENDO64からゲームを始めましたがいくら古くてもあれは酷い専門学校生の時によく先生が言っていましてが昔は短いほど給料が高かったらしいです。
そのためどうソースコードを短くするかが重要だったとか…
ネットの評価サイトを見てみると面白いことが書いてありました。
「同年3月に発売された業務用『プロ野球ワールドスタジアム』にて採用された球場選択・打順変更の要素を取り入れた他、チーム数の増加や選手データ更新、好調選手、エラー、ファインプレー、チームエディットなどの新しい要素が数多く盛り込まれている。」
「また従来作に於いて選手名を無許可で使用したことが問題視され、本作より選手名が微妙に変えられてしまった。」
ということらしいのです。
作っている最中に業務用プロ野球ワールドスタジアムに採用された球場、打順変更、チーム数の増加、選手データ更新、好調選手、エラー、ファインプレー、チームエディト、前作での選手名を無許可で使用したことが問題視され、名前の変更それらをすべて1年間でやり遂げる。昔のバンダイナムコゲームスは荒れてますね…
今回の実況として使った会場はしゃちほこ(ナゴヤ球場)プレイチームはGチーム敵陣はMチームです。
最初の投手としてまきちゃん(意味深)を使いました。
こちらが先行で1ゲーム目は3点取るといった初見プレイにしては中々な進行でした。
バッターは昔少しやっていたパワプロと似ていていけましたが投手まきちゃんになると意外と難しかったです。
それからプレイを続けているとまきちゃんが疲れをあらわすように…
普通パワプロだと投手交代があるのですが分からず試合を続けました。
このまま続けていけばただの泥試合ですが投手交代の仕方を知らない私はとりあえず続けることにしました。
…こちらの攻撃に入りました。
その時です!相手は突然ポーズを開いたと思うと投手交代をしてきました。
汚い!さすがNPC汚い!
とりあえずここは我慢して次防御時にこちらもまきちゃんを交代しよう。
すぐに防御時になりました、何とか投手を交代し知らない子になりました。
しかしなぜか今回の防御時中に知らない子はスタミナを使い果たしました。
どういうことかというと「すぐ疲れる投手。投手が4人から6人になったのはいいが相対的に個々のスタミナが落ちており、速球もフォークも使わず普通に投げても早い投手は3回で疲れ始め、結局継投に頼らざるを得ない。1Pモードの場合、パスワードが廃止されたため、先発投手を全員使ってしまうと、次の試合ではリリーフ投手2人で凌がなくてはならないという苦しい状況に陥る。」という問題点にいたるらしい。
プレイヤーも防御時はすべてマニュアル操作で、画面から離れているキャラも同時動いてしまう。相当やりこんでいないと落下予測、盗塁チャンス、盗塁方法が分からないということになります。
今回の結果は負けで終わり、もうやりたくないゲームに入りそうです。
今のゲームでも操作方法、チュートリアルを飛ばしたり、続編から始めても意外と分かるものですが、やはり昔のゲームは取り扱い説明書を読むのが当然!、チュートリアルバンザイ!のものが多いようです。
しいて評価点を上げるとすればチーム数が多いこと88年代ファンの人には嬉しい選手が沢山いることですかね。

さて今回はここまでとさせていただきます。
次回があればまた読んでください。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー