アニメ技法の秘密その②『スクオッシュ&ストレッチ』技法

こんにちは、インターン生の吉田です。
今回は『スクオッシュ&ストレッチ』について説明いたします。

その名の通り、『押しつぶし』と『引き伸ばし』を意味する技法です。
物体の動きの中で本来はありえないような大げさな描写をして、動きに表情をつけるために使用します。
こちらの技法は実際に見たほうが分かりやすいので、一例を紹介します。

こちらは球体が落下とバウンドを繰り返す簡易なアニメーションです。

そして、こちらは上記のものにスクオッシュ&ストレッチを用いて動きに表情をつけたアニメーションです。

バウンドする瞬間に落下によって加わった力で押しつぶされ、跳ね上がる際に上に押し上げられる力で引き伸ばされているような表現をしています。

それでは、二つのアニメーションを比べてみてみましょう。
上の球体は固く、下の球体は柔らかい印象を受けますね。
このように、スクオッシュ&ストレッチ技法を用いて作画をすると、物体そのものが持つ質感や特性、重量をコントロールできるようになります。

物体だけでなく、キャラクターに適用することで、表情変化だけでは伝えにくいキャラクターの感情を伝わりやすくすることもできます。
これにより、よりキャラクターをいきいきと動かすことが可能になります。

この技法を適度に用いることで、アニメーション全体に硬軟のメリハリを付けることができます。
1930年ごろにディズニー社が生み出し、今では手描きアニメーションだけでなく、3Dアニメーションやストップモーションアニメーションでも幅広く使用されています。
アニメーションの動きの表情を豊かにするために、必要不可欠な技法であると思います。
日本のアニメでもよく用いられているので、普段何気なく見ているアニメも意識して見てみると面白く、勉強にもなるでしょう。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー