第14章 打楽器 最も原始的な楽器

こんにちは、類地です。

今回は、最も原始的な楽器、打楽器について説明したいと思います。

歴史家達や人類学者は、打楽器を、最初に作り出された音楽用の道具であると推測しています。

古く普遍的な楽器でありながら、「打楽器とは何か?」を定義するのは難しく、
ある音楽辞典では、「打つ、こする、はじく、振るなどの演奏方法で音を出す楽器の総称」と、説明しています。
しかしこれでは、弦を弓でこするバイオリンなども打楽器に含まれてしまいます。

人類最初の楽器は人間の声だったと思われますが、手足、それから棒、石、丸太といったものがほぼ間違いなく音楽の進歩の次の一歩であったようです。
一番古い打楽器は我々自身の手と足で、それから棒や丸太やお尻といった、発見する状態が続きました。

「体鳴楽器」とは、カスタネットやトライアングルなど塊や棒状の発音源自体が鳴り響くもの、
「膜鳴楽器」とは膜の振動を胴などに共鳴させるもので、ティンパニをはじめさまざまな太鼓類がこれに相当します。
もちろん、ここに分類出来ないものもあります。前章でお話したピアノも、厳密に言えば打楽器に入りますし、
「気鳴楽器」のホイッスルも本来笛に入りますが、打楽器に入れてしまう事が一般的です。今回はそれらを考慮した上で説明します。

○どれがどういう楽器になっていったか(区分があいまい、いろいろある)

叩く楽器、振る楽器といった奏法による区分
金属製、木製、皮製など発音源部分の素材による区分
音程が定まっているか(有音程)、定まっていないか(無音程)の区分
音板の有無による区分(音板のあるものを「鍵盤打楽器」と呼ぶこともあります)
地域や民族による区分
マーチング用、コンサート用といった演奏形態による区分
教育用、療法用といった使用目的による区分

といった区分があったりしますが、

○打楽器の分類・主な打楽器

「体鳴楽器」

■体鳴楽器
木製
カスタネット
クラベス
拍子木
ギロ
ウッドブロック
木魚
木柾
テンプル・ブロック
ルーテ
ウィップ(鞭)
アサラト

■金属製
コーン・ウォン・レク
コーン・ウォン・ヤイ
音叉
サンダーマシーン
シンバル
チン (楽器)
クラッシュシンバル(サイドシンバル)
スプラッシュ
ハイハット
ライド(トップシンバル)
チャイニーズシンバル(チャイナシンバル)
スティールドラム
リボンクラッシャー
チャイム
トライアングル
フレクサトーン
ベル(曖昧さ回避ページ)

スレイベル(そりの鈴)
アゴゴベル
カウベル
チューブラーベル(チャイム)
ハンドベル

梵鐘
鈴(りん)
タムタム(銅鑼)
鉦鼓
ウィンドチャイム
金床(アンヴィル)
ベルツリー
ハンドパン

■粒状の物を中に入れるか外に付けて振る
シェイカー:以下の楽器の総称としても使われる。
マラカス
シェケレ
カバサ
カシシ
アサラト

■そのほか
キハーダ
ヴィブラスラップ
クリスタルボウル
アルケミークリスタルボウル

■鍵盤打楽器
・木製
ラナート・エク
ラナート・トゥム
木琴
シロフォン
マリンバ
シロリンバ
パッタラー(竹製。ミャンマーの民族楽器)
バラフォン(ヒョウタン製。ブルキナファソの民族楽器)
・金属製
鉄琴
カリヨン
グロッケンシュピール
クロテイル
ヴィブラフォン
クラビネット
ミュージックボックス
チャイム
チューバフォン

■その他の材質
リソフォン(石)
アルモニカ(ガラス)
グラス・ハープ(ガラス)

■人体
ハンドクラップ
フィンガースナップ
ボイスパーカッション
ボディパーカッション

「膜鳴楽器」

ティンパニ
ドラム(セット)
トレーニングドラム(トレーニングパッド、プラクティスパッド)[1]
スネアドラム(小太鼓)
バスドラム(大太鼓)
タム
ロート・タム(ロート・トム)
メロディックタム
シンセサイザータム
フロアタム
フレームドラム
タンバリン(タンブリン)
タール
カンジーラ
ダフ
バウロン
パーランクー
タンブレロ
リック(レク)
ドイラ
パンデイロ
ティンバレス
コンガ
ボンゴ
クイーカ
ジャンベ
トーキングドラム
タブラ
チャンゴ
ザブンバ

小鼓
大鼓
鞨鼓
和太鼓
長胴太鼓
宮太鼓
締太鼓
桶胴太鼓
団扇太鼓
でんでん太鼓
ハピドラム

「気鳴楽器」

サンバホイッスル
スライドホイッスル

「特殊楽器」

ハンマー
ウィンドマシーン
大砲:1812年 (序曲)において、クライマックスで使用
線路:適当な長さの線路をたたく。

引用:
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%89%93%E6%A5%BD%E5%99%A8
http://jp.yamaha.com/products/musical-instruments/percussions/navi/about_percussion/

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー