第1回初心者麻雀講座「ゲーム進行と点数計算」

 こんにちは、インターン生の平田です。
 本日から数回、初心者向けの麻雀講座を行います。

 麻雀は34種の牌を各4枚、合計で136枚の牌を用いて4人で遊ぶゲームです。
 まず、最初に全員が13枚の牌を取り、それが終了した後に、親(東家)が1枚の牌を取るところからスタートします。初めの親から半時計回りに牌を取って切る作業を繰り返し、誰かが和了を宣言した時点で終了となります。親の和了であれば親は親に留まり、親以外の和了であれば、親の右隣にいる人に親が移動します。スタンダードなルールでは、親が8回流れるまでこれを繰り返し、親が8回流れた時点で終了となります。

 次に和了の形について説明します。上の動画をご覧ください。

 例外として、対子が7個で2翻役の七対子、19数牌字牌各1つとどれか1つがあと1つの計14枚で13翻役の国士無双の2つが和了形の例外として存在します。

 和了したときの点数計算は翻数と符数に基づいて行われます。
 まず、符計算について説明します。国士無双以外の和了形はすべて、符数とういものが計算できます。これは、符数=①符底+②和了形+③面子+④雀頭+⑤待ちの形の1の位切り上げにより行われます。これらの内訳を下に示します。
①符底:20
②和了形:面前での出和了は10、自摸和了は副露してても2
③面子の種類:順子=0
 2-8牌の場合:明刻=2,暗刻=4,明槓=8,暗槓=16
 19字牌の場合:明刻=4,暗刻=8,明槓=16,暗槓=32
④雀頭
 自風、場風、白、發、中の場合2、それ以外の場合は0
⑤待ちの形
 34での25待ち(両面待ち)の場合0
 2244での24待ち(双碰待ち)の場合0
 12での3待ち(辺張待ち)の場合2
 13での2待ち(嵌張待ち)の場合2
 1での1待ち(単騎待ち)の場合2
 1234での14待ち(面子と単騎の複合形)の場合2
上に書いた七対子は一律25符となり、鳴いた順子のみの形は例外として30符となります。

翻数
 特定の条件を満たして和了したとき、満たされた条件によって翻が付きます。
 和了したときの手牌内の翻数の算術和によって求められます。

点数計算
 ※30符4翻を子だと8000点、親だと12000点とするルールが最近多いです。
 40符4翻(30符4翻)以下の点数
=(符数*2の翻数乗*子の場合16、親の場合24)の10の位切り上げ
で求められます。
 ある程度慣れいている人は、何符何翻は何点かをすべて暗記しています。やっていれば覚えます。

 40符4翻(30符4翻)以上の点数
 子の場合
4,5翻:8000点
6,7翻:12000点
8,9,10翻:16000点
11,12翻:24000点
13翻以上:32000点
 親の場合
4,5翻:12000点
6,7翻:18000点
8,9,10翻:24000点
11,12翻:36000点
13翻以上:48000点

となっています。
簡単ですね。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー