ポケモンの歴史(1)

初めまして、インターン生の蒲と申します。
今回から10回に分けて、「ポケットモンスター」縮めてポケモンについて紹介していきたいと思います。

ポケモンとは、1996年からずっと続いている大ヒットコンテンツのひとつです。
今回はそのゲームの歴史について書いていこうと思います。
では、ゲームを発売順に紹介していきます。

ポケモンというシリーズは、1996年発売のゲームボーイソフト「ポケットモンスター赤・緑」から始まりました。
ポケモン赤・緑の舞台はカントー地方です。
この時点でポケモンの総数は151匹です。
そして、ほぼ同じ内容ですが、「ポケットモンスター青」が同年に発売され、その2年後の1998年に「ポケットモンスター ピカチュウ」が発売されました。
ピカチュウ版は、最初に選べるポケモンが違います。本来は、ヒトカゲ、ゼニガメ、フシギダネのどれかを選び冒険を始めることになるのですが、ピカチュウ版では、最初からピカチュウと共に冒険を始めることになっています。

その後、次の世代が始まります。
1999年に「ポケットモンスター金・銀」が発売されました。
金・銀では今までとは違う街、ジョウト地方での冒険をすることになります。
カントー地方、ジョウト地方を含め、ポケモンの総数は251匹になりました。
2000年には「ポケットモンスター クリスタル版」が登場し、内容はほぼ同じですが、金・銀とは異なる要素が追加されました。

また世代は変わり、今度は2002年にゲームボーイアドバンスで「ポケットモンスタールビー・サファイア」が発売されました。
今までの作品とは違い、様々なシステムが追加され、楽しめる要素が多くなりました。
今度の舞台はホウエン地方といい、ここでもまた新しいポケモンが登場します。

2004年には、ポケモン赤・緑のリメイク版である、「ポケットモンスター ファイアレッド・リーフグリーン」が発売されました。
赤・緑の本編に加え、新たなストーリー、マップが追加されました。

同年、ルビー・サファイアの新バージョンである「ポケットモンスター エメラルド」が発売されました。
ルビー・サファイアの内容はもちろん、いくつかの要素が追加されました。

2006年にはハードは任天堂DSへと変わり、新たに「ポケットモンスター ダイヤモンド・パール」が発売されました。
舞台はシンオウ地方でポケモンの数もとても多くなりました。
ハードがDSに変わったことにより、wifi機能が追加されたため、世界中の人とのネットワーク対戦ができるようになりました。
その2年後、ダイヤモンド・パールの新バージョンである、「ポケットモンスター プラチナ」が発売されました。
追加ストーリーもあって、プラチナ限定の要素も加わりました。

このように大体2年ごとに新たなゲームソフトが出ていることが分かりますね。
続きはまだまだありますが、それは次回に回します。
それではまた次回。

【参考】https://matome.naver.jp/odai/2141440381870948601

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー