キャラ、マップ作製①

こんにちは、インターンシップ生の山上です。前回はVRゲームの概要と、大まかな日程について説明しました。
第二回目の今回は、キャラ、マップを作っていきたいと思います。

まず初めにプロジェクトの作成をします。今回はスマートフォン対応のVRゲームを作るため、最初の段階でそれ専用のプロジェクトにしておきます。

ここで注目するのはモバイル用に設定を切り替えておくことです。画像のように”モバイル/タブレット”、”スケーラブルな3D・2D”を選択しておきます。
これでプロジェクトを作成しておくと自動的にモバイルやVR向けに調整されたプロジェクトになります。

次にプラグインの設定をしておきます。

メニューから”編集”→”Plugins”を開き、”Virutual Riality”の中にある、”SimpleHMD”プラグインの”Enabled”にチェックをつけ、それ以外のVRプラグインのチェックを外しておきます。
プラグインの設定を変えると再起動を求められますので、一度エディターを再起動します。これでモバイルVRアプリを作成するための準備が完了します。

少し長くなりましたが、これでプロジェクトの設定は終わりました。

キャラやマップを作っていくことになるのですが、この二つの作業を一人でやるのは大変なので、Mixamoと、Infinity Bladeのアセットを使って少し楽をしたいと思います。
まず、Mixamoなのですが高品質な3Dキャラやアニメーション作成を行うことができるサイトです。自分で作ったキャラクターにアニメーションを付けることも可能ですが、サイトに元々あるキャラを使ってアニメーションを付けそれをDLすることもできます。
次に、Infinity BladeなのですがこれはEpicで開発されたもののリリースに至らなかった『Infinity Blade:Dungeons』のアセットで、全部で8種類もあります。

↑途中結果になります。今回、マップ作りに迷走してたためマップがかなり適当になってます。
次回はこのマップを廃墟風に仕上げて行きたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございます、次回はキャラ、マップ作製②になります。

参考;http://unrealengine.hatenablog.com/entry/2016/03/03/220000興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー