第3回初心者麻雀講座「2翻以上の役を覚える」

 こんにちは、インターン生の平田です。
 初心者麻雀講座第3回の今回は2翻以上の役を覚えていきましょう。
 ここで、2翻以上で出てくる食い下がりの概念について説明します。
 食い下がりとは、鳴くと1翻少なくなる役のことです。暗カンは面前の崩れない鳴きなので食い下がりません。
 染め手系、3色系、チャンタ系がこれに相当することが多いです。
 それでは2翻役から見ていきましょう。

『W立直(ダブルリーチ)』
 鳴かずに門前で手を作る必要があります。開始1巡目に「立直」宣言しないと成立しません。
 立直前に他家から鳴きが入ったら消滅します。
『七対子(チートイツ)』
 鳴かずに門前で手を作る必要があります。
 7種全て対子(1種で4枚はルール次第)で構成されます。
 一盃口、二盃口との複合は有りません。何があろうと25符固定です。
 二盃口との複合は、翻数の高い二盃口が優先されます。
『一気通貫(イッキツーカン)』
 1種類の数牌で「123」「456」「789」の3面子が必要です。
 食い下がりです。鳴くと1翻下がります。
『全帯公(チャンタイヤオ)』
 中張牌のみでの面子構成は不可です。
 雀頭は必ず公九牌になります。
 必ず字牌が入ります。字牌が入らない場合は別の3翻役になります。
 食い下がりです。鳴くと1翻下がります。
『対々和(トイトイホー)』
 4面子が全て刻子か槓子で構成されます。
 最低1面子が刻子となります。
 全て槓子だと役満の四槓子となります。
 面前でツモると役満の四暗刻になります。
『三暗刻(サンアンコー)』
 3面子が暗刻(暗槓でも可)で構成されます。
『三槓子(サンカンツ)』
 3面子が槓子(明槓も可)で構成されます。
『三色同刻(サンショクドウコー)』
 3種類の同じ数牌刻子が必要です。
『小三元(ショウサンゲン)』
 三元牌2種類で刻子を、1種類で雀頭を構成します。
 必ず役牌を2個使うので、4翻になります。
『混老頭(ホンロウトウ)』
 全て公九牌で構成されます。
 全て刻子、槓子か対子で構成されます。
 必ず対々和か七対子と複合します。

 次から3翻です。
『混一色(ホンイーソー)』・・・[食い下がり]
 1種類の数牌と必ず字牌が入ります。
 鳴くと1翻下がります。 
『純全帯公(ジュンチャンタイヤオ)』
 中張牌(チュンチャンパイ)のみでの面子構成は不可です。
 雀頭は必ず老頭牌(ロウトウハイ)となります。
 鳴くと1翻下がります。
『二盃口(リャンペーコー)』
 鳴かずに門前で手を作る必要があります。
 一盃口(イーペーコー)が2個構成の中に存在します。

 6翻、1つだけです。
『清一色(チンイーソー)』
1色の数牌のみで4面子+雀頭を構成します。
鳴くと1翻下がります。

 最後にそうそう出ない、13翻役です。
『大三元(ダイサンゲン)』
 鳴いても成立します。
 白、發、中全てが3枚揃う必要があります。
『四暗刻(スーアンコー)』
 鳴かずに門前(メンゼン)で手を作る必要があります。
 4つの暗刻をつくる必要があります。暗槓でもよいです。
『国士無双(コクシムソウ)』
 公九牌13種類を全て使用します。
 雀頭も公九牌の1つを使用します。
『字一色(ツーイーソー)』
 鳴いても成立します。
 字牌のみで役を作ります。
 必ず対々和か七対子の形となります。
『緑一色(リューイーソー)』
 鳴いても成立します。
 索子の2,3,4,6,8と發の組み合わせで作ります。
 發がない場合緑一色とを認めるケースと認めないケースがあります。
『清老頭(チンロウトウ)』
 鳴いても成立します。
 老頭牌(数牌の1と9)のみで作ります。
『小四喜(ショウスーシー)』
 4種類の風牌のうち3つを刻子または槓子にし、
 残り一つで雀頭を作ります。
『大四喜(ダイスーシー)』
 4種類の風牌すべてを刻子または槓子にし、
 残り一つで雀頭を作ります。 ダブル役満とするルールが多いです。
『九蓮宝燈(チューレンポートー)』
 鳴かずに門前で手を作る必要があります。
 萬子、筒子、索子いずれかの全ての数字を使います。
 役の中に「1112345678999」の構成が必ず含まれて居ます。
 必ず1112345678999 + 何か1枚の形になります。
『四槓子(スーカンツ)』
 鳴いても成立します。
 4面子が槓子(明槓も可)で構成されます。
 四槓子が成立した状態になると、通常では4個槓が出来ると流局する四槓散了は適用されません。
 また、既に嶺上牌4枚が開かれている状態になるため、他の人は槓を出来なくなります。
『天和(テンホー)』
 親の場合のみ成立する。
 配牌終了時に4面子1雀頭または七対子や国士無双が完成している必要があります。
『地和(チーホー)』
 子の場合のみ成立する。
 配牌終了時に聴牌していて、第1ツモ牌で上がる必要があります。
 第1ツモまでに他家から鳴きが入ると成立しません。

 前回の1翻役と合わせて覚えましょう。
 13翻は大三元、四暗刻、国士無双、字一色、緑一色、小四喜、清老頭あたりを覚えておけば、
 他はアガれることなどまあないので大丈夫です。

 簡単ですね。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー