日本大学生産工学部マネジメント工学科!

こんにちは!インターン生の蒔田です!二回目の今回は、幅広い分野を学ぶ事が出来る学科!日本大学生産工学部マネジメント工学科について話していきたいと思います。

ではまず初めにマネジメント工学科の一般情報に関してです。
在籍学生は745人で在籍教員は18人となっており、日本大学生産工学部の9学科の中では真ん中あたりの人数となっております。(2017年5月1日)
こちらは日本大学生産工学部のキャンパスマップとなっています。

この建物の中で真ん中の少し上にある30番の建物がマネジメント工学科になっており、日夜ここで多くのマネジメント工学科の学生がプロフェッショナルを目指して幅広い分野の学問を学んでいます。

では、マネジメント工学科の学生はどのような分野を学んでいるのか見ていきたいと思います。
幅広い分野を学ぶと言っても、広すぎてはどれも手付かずになってしまう。ということで、マネジメント工学科では専門分野を系統的に学ぶため「3つのコース」を設けています。

一つ目のコースが、経営資源といわれるヒト、モノ、カネ、流通と情報、さらに知的財産に関する考え方や、マネジメント工学の理論・技法を学ぶことが出来る「ビジネスマネジメントコース」

二つ目のコースが、製品やサービスの企画、システムの開発・デザイン及び運用の各段階において、創造力を発揮して効果的にマネジメントできる経営スタッフ、あるいはエンジニアを育成する「経営システムコース」

フードビジネスを視野に、企画マネジメント工学の理論、手法など、その考え方を通して問題解決を見出していく方法論を修得することを目的とする「フードマネジメントコース」

この特色ある3つのコースから個人個人が選択し、自分の学びたい分野をとことん学び、未来の自分に向けて進んでいくことができます!

そして!やはり!幅広い分野を!学んだあとの!卒業生がどのようなところに就職しているのか気になりますよね?
自分も気になります!それでは見ていきましょう。
こちらがマネジメント工学科の卒業生の就職先一覧です!どうぞ!

1学科の進路とは思えないぐらい幅広い分野に就職していますね!
流石。就職率の高さと就職先企業の質の高さは9学科の中でも随一といわれるマネジメント工学科ですね。
この学科に入学すれば自分の気づかぬ才能が開花し、思わぬ会社に就職できるかも?
はい。今回はマネジメント工学科に関して語らせて頂きました。
次回はまた一風変わった生産工学部の学科に関して話させていただきます。
ではまた!

引用元:日本大学生産工学部マネジメント工学科カリキュラムの概要 http://www.ka.cit.nihon-u.ac.jp/about/curriculum/
日本大学生産工学部入学定員収容定員 http://www.cit.nihon-u.ac.jp/about/data/capacity
日本大学生産工学部津田沼校舎キャンパスマップhttp://www.cit.nihon-u.ac.jp/campus-life/location/campus-map
日本大学生産工学部マネジメント工学科学科概要 http://www.cit.nihon-u.ac.jp/department/industrial-engineering-management
日本大学生産工学部マネジメント工学科就職分野と資格に関して http://www.ka.cit.nihon-u.ac.jp/employment/

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー