第4回初心者麻雀講座「フリテン」

こんにちは、インターン生の平田です。
初心者麻雀講座も今回で最終回となります、第4回の今回はフリテンについて説明します。
これを覚えれば、もう教えることはありません。これ以上は自分で勝手に学習していってください。

フリテンとは
⇒ロンが出来ない聴牌のこと(ツモでの和了は可能です。)
と覚えておいてください。
フリテンには3種類あるため、これらを順に解説していきます。

1:自分の捨て牌によるフリテン
和了対象となる牌が自分の河に捨ててある場合、フリテンとなりロンが出来なくなります。
例えば自分が4-7筒で聴牌していたとき、7筒が自分の河にあったらロン出来ません。
2‐5‐8萬3‐6萬待ちで聴牌(3456777の形)した時に、自分の河に8萬が捨ててあったら2-5-8-3-6萬の全てにおいてロン和了できません。
無論、自分の河にアタリ牌がなければよいので、ここに4萬を引いて打7萬とし、3-6萬に受けた場合、自分の河に3萬或いは6萬がなければロン和了できます。

2:立直後に見逃しをかけた場合のフリテン
例えば今3-6-9待ちで平和のつく立直をかけていて、3-6での和了でのみ、タンヤオ3色が付くとしましょう。
現在オーラスで対面の親が32000点、上家が24000点、自分が15000点、下家が29000点持ちの4巡目です。
ここでトップ条件を確認すると、ロン和了だと親以外からだと3倍満、親からだと倍満、ツモなら跳満でトップに立つことがわかります。
全員現物の連打でオリているように見えます。
ここで、上家から安目の9が出ました。これでアガると最高でもメンピンウラウラの8000点です。
3着ですしトップには届きませんね。おまけにウラが乗らなければ2700点の直撃、ラス確アガリになります。
このような場合、フリー雀荘のようなトップのプラスが大きいルールでは、見逃しをかけるのが一般的です。
見逃しをかけた場合、その立直はフリテンとなります。
つまりこの立直では、これ以降他家に対してロン和了不可能になり、
自分のアガリの可能性は、自分でツモるのみになります。要は3-6-9を自分でツモるしかないということですね。
これが立直後の見逃しにおけるフリテンです。
今回のようにオーラスで着順の変わるケースなどではよく用いられます。

3:同巡内フリテン
他のプレイヤーが捨てた和了牌を見逃した場合、
次の自分のツモ番を経るまでのあいだ、一時的にフリテンと同じ状態になることです。
例えば今立直をかけずに1-4待ちの高め平和純チャン三色を聴牌している。
1でアガれば跳満、4だと1000点である。
ここで、下家が4を切り、それを見逃したとする。
同順、上家が1を切ったとき、あなたはこれを和了できない。
これが同順内フリテンである。
同順とは自分が次の打牌をするまでというのが一般的なため、
極端な話この上家の1を対面がポンして1を切ってきた場合、あなたはこれも和了できない。

以上3つをおさえればフリテンチョンボで2000-4000払いをすることはありません。
何度も復習しましょう。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー