きしめんの秘密 記事 愛知のひみつ

こんにちは、インターン生の原田です。
前回は名古屋水族館の魅力についてお話させて頂きました。
今回は愛知県の名古屋めしの1つ、きしめんについてお話させて頂こうと思います。

きしめんとは、茹で上げた平打ちのうどんに「たまり」と呼ばれる醤油を使い、味付けをした「だし」を入れ、
青味、味付けあげ、鰹節などを盛り付けたものが一般的に広まっているものです。

こうした食べ方は、江戸時代の終わりから明治の初期には出来上がっていたと言われています。

また、きしめんに使われる「たまり」と呼ばれる醤油は刺身用の醤油とはかなり違い、見た目では醤油と見分けが付かない淡い色合いをしており、
独特のみそ臭さやアルコール臭があります。

そんなきしめんですが、何故きしめんという名前が付いたかご存知でしょうか?
実はきしめんの名前の由来には様々な説があり、どれも確かなものがありません。

キジの肉を入れた「きじめん」がなまって「きしめん」になったとされる説、紀州出身の者が
熱田伝馬町で作った「紀州めん」がなまって「きしめん」になったとされる説などがあり、どこの誰が何のために作ったのか、
いつごろ「きしめん」と呼ばれるようになったのか、記録が一切残されていないため、良く分かっていないのです。

さらに、平うちにした「うどん」の事を特に「きしめん」と呼んでいますが、
地方によっては「ひもかわ」と呼ぶ事もあります。

そんな謎の多いきしめん、どんな味なのか気になりますよね?
きしめんの基本は「だし」です。ムロアジという魚の節を使うのですが、「だし」の香りや味そのものに
独特のくせがあるので、他の種類の「節」を一部混ぜて使う事もあります。

如何でしょうか、謎の多いきしめんですが、とっても美味しいので是非1度後賞味下さい。

参考:http://www.aichi-udonsoba.com/kishimen/

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー