日本大学生産工学部土木工学科!

地球の上に未来を描こう!こんにちは!インターン生の蒔田です。第3回目の今回は日本大学生産工学部土木工学科について話そうと思います。

日本大学生産工学部土木工学科は、在籍学生812人、在籍教員20人で建築工学科に次いで2位の人数を誇る学科となっています。
日本大学生産工学部土木工学科では、真ん中より左下、13番の建物と14番の建物を主に使用して日夜勉学に励んでいます。

では日本大学生産工学部土木工学科ではどのような学問を学んでいるか見ていきたいのですが、
その前に、皆さんは「建築」と「土木」の違いがわかりますか?
どちらも構造物を造るという点では同じですが、その造る構造物が全く違います。
建築は主に「住宅」、「ビル」などを造る事を指しますが、
土木は主に「道路」、「橋」、「堤防」、「鉄道」、「トンネル」、「空港」、「港湾」、「上・下水道」、「公園」、「エネルギー施設」など幅広く色々なものを作ることを指します。
建築と土木では造る物が違うということですね。
では改めて日本大学生産工学部土木工学科ではどのような学問を学んでいるか見ていきましょう。
土木工学とは、市民生活に必要な様々な設備を構築し、 暮らしの根幹を支えていく学問で、 カバーする構造物は、多岐にわたっています。
そしてこれらの計画、設計、建設、維持管理を担う土木エンジニアを目指して日夜土木工学科では勉学に励んでいます。
また日本大学生産工学部土木工学科には2つのコースが存在しそのコースに合わせて技術を学んでいます。
施設・構造物の計画・設計・施工・維持管理までの土木技術の基礎を修得し、自然環境と調和した持続可能な社会基盤の創出、 安全な市民の生活空間の構築、ならびに利便性の高い都市空間を創造できる技術を学ぶ「環境・都市コース」
施設・構造物の計画・設計・施工・維持管理までの土木技術の基礎を修得し、社会基盤の建設にともなう計画から維持管理、 さらには事業経営など、総合的にマネジメントができる技術を学ぶ「マネジメントコース」
どちらも土木技術の基礎を学びますが、その後の発展技術に大きく差がありますね。
どちらも素晴らしい技術者が育成されると思います。
また土木工学科の「マネジメントコース」はJABEEによる技術者教育認定基準に沿った教育を実施しております。
JABEEとは、日本技術者教育認定機構は、(Japan Accreditation Board for Engineering Education)の頭文字でJABEE(ジャビー)と呼ばれているものです。JABEEでは、国を越えて、グループや組織の中で活躍していけるような技術者を目指して学問を学んでいきます。
やはり特殊な教育だけあって通常のコースよりも難易度は跳ね上がります。しかし学べることも多く努力する価値はあるコースとなっています。
ちなみにJABEE指定のコースは土木工学科「マネジメントコース」以外に電気電子工学科の「クリエイティブエンジニアリングコース」、応用分子化学科「国際化学技術者コース」、数理情報工学科「情報工学コース」の3つしかなく、この4学科以外はJABEE指定コースが存在しません。
JABEEの教育がどういうものなのか気になった方がいれば下にJABEEのウェブサイトを記述しましたので、見てみてもいいと思います。

今回は日本大学生産工学部土木工学科について語らせていただきました。
次回はまた違った学科について話させていただきます。
ではまた!

引用元:日本大学生産工学部入学定員・収容定員 http://www.cit.nihon-u.ac.jp/about/data/capacity
日本大学生産工学部土木工学科 http://www.civil.cit.nihon-u.ac.jp/
日本大学生産工学部キャンパスマップ http://www.cit.nihon-u.ac.jp/campus-life/location/campus-map
日本大学生産工学部土木工学科学習・教育到達目標 http://www.civil.cit.nihon-u.ac.jp/education/index.html
日本大学生産工学部土木工学科土木工学科とは http://www.civil.cit.nihon-u.ac.jp/about/index.html
JABEE日本技術者教育認定機構のウェブサイト http://www.jabee.org/

興味をもたれたらお気軽にご連絡ください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー