BMXのひみつ#2

こんにちは。インターン生の吉井です。
第2回の今回は、僕のこれまでのBMX経歴を簡単に紹介したいと思います。
BMXをはじめて、次の冬で15年経ちます。人生の大半をBMXとともに歩んできました。
私はもともとアクションスポーツが好きだった父の影響で、BMXをはじめました。7歳からBMXにまたがり、これまでに全日本チャンピオンを4回獲得し、ジュニアでも全日本選手権2連覇。海外でもたくさん大会に参戦し、世界を相手に戦ってきました。
このように書くととても順調なBMX人生だと思われますが、実際はたくさんの苦悩や壁に阻まれながらも、1つ1つ乗り越えてきた道のりでした。

私はBMXを始めた当初、まったく優勝することができませんでした。強力なライバル達に阻まれ、表彰台にものれない日々が続いていました。
そのため、今でもはじめて優勝したレースは記憶に残っています。とても嬉しかったです。その後も年齢を重なるうちに、勝てない日々が続くときもあったり、逆に優勝ばかりするときもありました。その都度ライバル達と競い合い、自分のレベルが上がっていく実感はなによりも楽しく、気持ちよかったです。
これはスポーツが持つ力、魅力のひとつであると思います。このような体験を得られたからこそ、現在でも変わらずBMXに乗っているのだと思います。

小さい子どもにとって、はじめて自分で運転する乗り物が、自転車です。はじめて自転車にのれた喜びは、大人になっても覚えている人がいるくらいです。
BMXレースをしている人の年齢は、3歳から60歳以上までさまざまです。年金でレースにエントリーしている人もいます。
そのすべての人が、はじめて自転車に乗れた喜びと、同じくらいの達成感をコース上で何度も体感しています。はじめてコースを1周できたときや、新しい技ができたときなど、コース上にはたくさんの喜びが転がっています。
もし少しでも興味がありましたら、ぜひ一度足を運んで頂きたいです。きっとここでは伝えきれないものが、そこにはあると思います。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー