マンガの描き方~デジタル編~

こんにちは。インターン生の渡辺です。
9回目ということで、今回はマンガのデジタル表現についてお伝えします。

近年漫画家の先生たちの中でも、すべてアナログで書いているという人は一割程度になってしまったと言われます。
では他の人達は線画もデジタルでやっているのかというとそうでもありません。
線画だけアナログで、トーンやベタをデジタルでやる人もいます。もちろんすべてデジタルの人もいますし、そのスタイルは漫画家さん一人ひとり違います。
私の通っている東京工芸大学マンガ学科の先輩には、下書きをアナログで原稿用紙にかいたあと、Gペンを使ってキャラクターの外側の輪郭だけ描いてからスキャンしてから、パソコン上で中をペン入れするという謎の作業をしている人がいたそうです。謎ですね・・・

マンガを描くといっても何のソフトを使えば良いのか分からないですよね。線画に関してはアナログでもデジタルでも代わりは無いので、今回はPhotoshopでの線画を取り込んでから仕上げまでをお伝えしたいと思います。

まず用紙設定です。新規をクリックして新しい用紙を作っていきます。いじるのは以下のところです。
プリセット:日本標準用紙
サイズ:B4(JIS)
解像度:600 pixel/inch
カラーモード:グレースケール 8bit
これでOKを押したら基本的な設定は終了です。ここで注意して欲しいのは、この用紙にはマンガ原稿用紙のガイド線が無いことです。不用意にコマの形を書いたりなどをしないようにしましょう。(面倒な人は作ってしまうほうが良いかもしれません)

アナログ線画のスキャンの時にも以下の設定をして下さい
解像度:600 pixel/inch
カラーモード:グレースケール 8bit

この二つが一致しないと作業に入れません。

線画をスキャンしたらさっき設定した用紙に張り付け、上のバーの「イメージ→色調補正→明るさコントラスト」で用紙を白黒分かりやすくします。
そうしたら上のバーの「イメージ→モード→モノクロ二階調」を押し、アンチエリアスが無い状態にします。これで線画のデジタル化完了です。

こんな感じになっているはずです
なぜアンチエリアスがいらないのかというと、印刷時に薄い色が出ないので線が不安定だからです。あと普通にこの後編集する時に困ります。600も解像度があるので、アンチエリアスがなくても滑らかな線に見えるのでご心配なく。

まずベタを塗ります
このあとにトーンを張りますが、トーンは実はPhotoshopで作れるのです。

今回は例として黒の20パーセントの薄さでトーンをつくろうと思います
グレーのものを「イメージ→モード→モノクロ二階調」でモノクロに変換する際、解像度と種類を入力するところがあります。
解像度 出力:600 pixel/inch
種類 使用:ハーフトーンスクリーン

これに設定しOKを押します。するとハーフトーンスクリーンのプロパティ的なものが出てきます。そこを
線数:60
角度:45
網点形状:円
にすると、

丸いドットのトーン画家完成します。
線数を変えてみたり、網点形状を変えてみるとまた違ったトーンが作れます。
ちなみににこれをグラデージョンでやるとグラデーションのトーンが作れます。ピクセルをロックし、乗算レイヤーにしておきましょう。

作ったトーンはモノクロ二階調では編集が出来ないので、モードをグレースケールに戻し、「選択範囲→色域指定→選択→ハイライト」にしてからOKを押すと、ドットじゃない白いところが選択されます。これを消すと、後ろが透明のスクリーントーンが出来ます。
これをB4用紙全体に張って使う人と、先に色をおいて置いて、それを新規で作った同じ設定の用紙に張り付けてトーンを作って持ってくる人もいます。
全体に張ると、白で塗れば消えるし、黒で塗ればまたトーンが塗れるので、とても便利な反面、データが重くなります。

こんな感じになりました。上手くトーンを活用してマンガを仕上げましょう。

このようにバックに張って1~3pxの鉛筆ツールで削ると雲が出来たりします。

このようにしてデジタルで絵を仕上げていきます。
自分の絵が完成していく感じがして楽しい作業になります。

読んでいただきありがとうございました!また次回も読んでくだされば幸いです。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー