最終回 野球のルール(打者&走者)

こんにちは。インターン生の鈴木です。突然ですが今回で最終回です!
ですが、今までどおり書いていきます。それでは、今回は攻撃する側についてです。

まず、攻撃する側の選手は打者(バッター)としてボールを打たなければいけません。
・打者はバッターズボックスの中から打つ

打者はバッターズボックスの中から打つことが決められています。片足でもバッターボックスから踏み出していたらいけません。
ただし、バッターボックスのライン上なら問題ありません。
また、バント(バットを横に構えボールに当てるように打つ)の時など、ボールに飛びつくような感じで打つケースが見られますが、この場合は打った時に「打者が空中にいる」状態、つまり足が地面についていなければ問題ありません。
もしバッターボックス外の地面に足がついていて打った場合は、
打球がフェア(バッターが打ったボールがファールラインの内側に飛んでいくことを言います。)か
ファウル(ファウルラインより外側に飛んでいった飛球のことを言います。ちなみにファウルライン上で停止したボールはフェアです)に関係なく打者はアウトになります。
・打順の間違い
当然ですが、打者は試合前に交換された打撃順の記されたメンバー表通りに打席に立たなければいけません。もし打撃順通りに打者が打たなければ、
打撃終了後に間違いが指摘されれば、たとえホームランやヒットを打っていてもアウトとなります。ただし、アウトになるのは「打った選手」ではなく、間違えられた「打っていない選手」です。
つまり、6番打者が打つべき打順で誤って7番打者が打ってしまった場合、アウトになるのは6番打者です。そして引き続き7番打者が打席に立つことになります。
バッターボックスに打者が入っただけの状態、もしくは誤った打者の打撃中に間違いが指摘された場合は、そのままの状態で正しい打順の打者と交代します。
例えば2ストライク1ボールの状況で間違いを指摘された場合、正しい打順の打者はその状況から打ち始めることになります。
前者の場合ですと本来の打者は「必ずアウト」になるので、守備側のチームはもし打撃途中で相手チームの打順の誤りに気づいても、その打者の打席が終了するまでは黙っておいた方が得策となります。
そしてルールを満たした上で投手のボールを打って塁に出ると走者(ランナーとなります)
・オーバーラン
塁に出た走者は、塁から離れている状態で『タッチ』されるとアウトになりますが、ヒットを打ったりした後、1塁を走り抜けることだけは許されています。
1塁ではなく、2塁、3塁の場合に塁を走り抜けてしまった場合は、タッチされるとアウトになります。
ただし、1塁の場合も2塁へ行こうとして走りぬけたのであればこの権利はなくなり、他の塁と同様、塁を離れた状態でタッチされるとアウトになります。
・フライの場合は元いた塁に一度戻らなければいけない
フライ(バッターが打ったボールが弧を描くようにして高くあがること)を打者が打ち上げ、そのボールを守備側の選手がノーバウンドで捕球するその瞬間、塁上の走者はフライを打ち上げる前いにいた塁にふれていなければいけません。
もし打者がボールを打った瞬間に走り出してしまっていて塁に戻るまでの間に、体か前にいた塁にタッチされるとアウトになります。
さて、今回はここまでです。まだまだ書ききれていないことが多いですが少しでも野球の知識を知って興味を持ってもらえたら幸いです。
それでは皆さん長文読んでいただきありがとうございました。

参考元:http://www.sports-rule.com/baseball/baseball/index.html

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー