太鼓の叩き方

こんにちは、インターン生の斉藤です。

前回は、バチの持ち方について書かせていただきましたが、今回は、太鼓の叩き方について書いていきたいと思います。

こちらもまた、太鼓の種類によって多少異なってくるので、それぞれの叩き方について書いていきたいと思います。

はじめに、これは全ての太鼓に言えることなのですが、叩く時には腕を使うのではなく、手首を使います。どういうことかというと、大げさですが、腕は振り上げて叩くまでの間に動かすためだけに使い、叩くためにはつかいません。(音を出すために腕の筋肉は使いますが。)

これを、ふまえた上でそれぞれの太鼓での叩き方について書いていきます。

まず、長胴太鼓及び桶胴太鼓(据え置き)についてですが、1動作を書くと、腕を振り上げて一気に太鼓の鼓面に目がけてバチを振り下ろし、叩く瞬間に手首をスナップさせ、鼓面からの反動でまた腕を振り上げる動作につながる形となります。より細かいフレーズになればなるほど、手首のスナップが重要になってきます。また、フチ打ちについては、振り上げて力を入れなくとも十分な音が出るため、ほとんど手首のスナップだけで叩く形になります。フチを強く叩くとバチがへこんだり折れたり、劣化につながります。なので、叩く時には、鼓面は力強く、フチ打ちは軽くを意識しましょう。

次に、締太鼓ですが、基本的には長胴太鼓を大差はありませんが、多少異なります。どの部分が異なるかというと、バチの扱い方です。長胴太鼓では、軽く握ったまま叩きますが、締太鼓は小指でバチの持ち手部分を軽く弾いてバチに勢いをつけるイメージで扱います。締太鼓は、細かいフレーズが多いため、この動作が重要になります。

最後に、桶胴太鼓をかついで叩く場合ですが、片面を叩く場合と、両面を叩く「両面打ち」の場合と2パターンあります。まずは片面を叩く場合について説明していきたいと思います。まずは、右手ですが、バチの先を鼓面に向けるようなイメージで、腕を横に動かします。ある程度、動かしたら、手首を使ってバチで弧を描き、その勢いを利用して、そのまま叩くというような形になります。動作は特殊ですが、それ以外は長胴太鼓と大差ありません。次に左手ですが、バチの先を下に向けたまま腕を上げ、その後に手首を使ってバチを振り上げ、その勢いを利用して、そのまま叩くという形になります。こちらは、腕を振り下ろすというよりは、腕を勢い良く引くイメージになります。
次に、両面打ちについてですが、太鼓を正面に持ってきて両面を叩きます。右手は自然に手首を使って叩くだけになりますが、左手は、自分から見て左側の鼓面を叩くときは、手のひらを正面に向けるような形にして、手首を使って叩きます。また、同様に右側の鼓面を叩くときは、左側のときとは逆に、手の甲を正面に向けて、手首を使って叩きます。両面打ちは速くなればなるほど、左が間に合わなくなってきますが、「叩こう」という意識だと追いつくものも追いつかなくなるので、左手は勢いに任せて手を動かすことで、叩けるようになってきます。両面打ちに関しては、コツを掴むのが一番早いと思います。

今回は、太鼓の叩き方について書かせていただきました。以上で終わりたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー