PCエンジンで遊んでみました!【究極TIGER】

気付けば期間を半分終えているという事実に驚きを隠せない、インターン生の笠木です。

今回のインターンは10日間なんですが、この記事も第6回…ということは、すでに日程の半分を

終えているということになります。早いものですね。あっという間に終わってしまう気がします。

そんな感じで少し感傷的になりつつも、今回のゲームを紹介していきます。

なんというか、こう、何が起こっているのかわからないですね。

「究極TIGER」の文字と…中央のはヘリコプターでしょうか?。

果たしてどんなゲームなのか、早速遊んでみましょう。

ゲーム開始してまもなく、笠木はやっちまったなと思います。

これ、縦スクロールのシューティング…昨日と同じじゃん。

まさか似たゲームを引っ張ってきてしまうとは…これはよろしくないのでは。

と思いつつも平気な顔をしてプレイを続けます。そんな笠木に天罰でしょうか。

開始わずか10秒でやられます。弱すぎです。敵の弾に当たりました。

まあ、攻撃するのはこちらだけとは一言も言ってないので…当然ですね。

気を取り直して2回目。また同じところでやられます。学びませんね。

今度こそはと気を引き締めて臨みますが、3回目は越えました。いい感じですね。

一撃では落とせない頑丈な敵を倒すことで手に入るアイテムによって、

こちらの攻撃が強化されていくみたいです。

進むにつれて敵の数も配置も意地の悪いことになっていきましたが、

こちらも強化されるのであれば負けません。

順調に敵を倒していきますが、操作を誤ってやられてしまいます。

コンティニューが可能だったのでしてみると、そこで罠に気づきます。

開始地点はやられた少し前なのに、こちらの装備がゲーム開始時のそれなんです。

こんなの勝てるわけない…あっけなく終了してしまいます。

中ボスのような大きな戦車ですかね…この後もリトライしてリベンジを試みますが、あえなく失敗します。

ところで今回のシューティングゲームは、ボタンを連打しないと弾幕が張れませんでした。

昨日のは押しっぱなしでよかったので、そこが少し難しいところでしたね。

けど、連打の感覚を短くすると発射する弾丸の感覚も短くなる仕様は楽しいですね。

頑張った分だけ目に見える、じゃないですけど、そんな気持ちよさがありました。

2回連続でシューティングゲームとなってしまい、なんとも面白みのない結果となってしまいましたが、

しかし連続でプレイしたからこそ、両者の違いを実感でき、また違った楽しみ方が出来ました。

けど、明日は別のゲームがいいですね。

それでは今回はこのへんで。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー