〜忘年会のお酒、酔いにくい飲み方〜

おはようございます。
最近年末の忘年会シーズンのためか
金曜日の夜になるとお酒の飲みすぎで
座り込んでいる人をよく見ます。
寒いから風邪引くんじゃないのかなあとか思いながら通り過ぎるのですが。

お酒の席での付き合いがあるのでしょうが、なぜ人は自分の限界を考えずに飲んでしまうのか。

今日はお酒の席で酔いにくくする方法をお伝えします。是非参考にしてみてください。

(以下引用)
https://woman.mynavi.jp/article/170526-3/
◇お酒を飲む前にすべきこと

アルコールを急激に摂取すると、酔いが進みやすくなって悪い酔いや二日酔いの原因となります。酔いを防ぐために、空腹の状態で飲酒をするのは避けましょう。具体的には、脂肪分を多く含むバター類、チーズなどの摂取が効果的です。また、ドレッシング(ノンオイルでないもの)をかけたサラダを食べてもよいでしょう。コンビニなどで売られている栄養ドリンクを飲むのも効果的です。

◇お酒を飲んでいるときにすべきこと

お酒を飲む時は、以下のポイントに気をつけてください。

☆酔いにくいお酒の種類と飲み方
アルコール度数の低いお酒をゆっくりと飲んでください。水やお茶で割って飲んでもよいです。逆に、お酒を一気飲みしたり、ロックやストレートなどで飲むと酔いやすくなってしまいます。

☆酔いにくいおつまみ
アルコールの吸収をゆっくりにするためには、脂肪分が重要です。チーズ、揚げ物、脂の乗った魚や肉などがよいでしょう。

☆酔いにくい行動
摂取したアルコールと同じくらい水を飲みましょう。またペースをゆっくりにして楽しみましょう。

◇お酒を飲み終わったあとにすべきこと

まずはしっかりと水分を摂ることです。二日酔いになる原因の一つに脱水症状があります。アルコールそのものに利尿作用があるため、アルコールを飲めば飲むほど体から水分が失われてしまいます。睡眠前にしっかり水分補給をしておけば、脱水症状を防いで二日酔いを予防できます。

■酔ってしまったときの対処法
まずは飲酒を中断しましょう。アルコールを分解するためには糖分を必要とします。炭水化物やチョコレートといった糖質の高い食べ物や、スポーツドリンクなどの水分で糖質を補給することも有効です。しかし、糖質の摂りすぎは肥満の原因となるので注意しましょう。

いかがでしょう。
自分の飲みスタイルに照らし合わせてこの方法で忘年会や飲み会を楽しんでくださいね。

それでは!
本日もよい一日をお過ごしください。(^○^)

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー