29世紀、地球はごみだらけ?!【ウォーリー】

こんにちは。インターン生の河原です。
10回にわたって個人的にオススメな映画を紹介していきます。

8回目の今回は、「ウォーリー」を紹介します。
2008年に公開された長編フルCGアニメーション映画です。
ピクサーとディズニーの製作です。
29世紀の地球が舞台です。

ストーリーを説明します。
29世紀の地球は、住む場所の無いごみだらけの状態になっていました。
そして、人類は地球を捨て、宇宙船で宇宙へ逃げました。
そんな中地球で、1人でごみ処理を続けているごみ処理ロボットがいました。
名前は、ウォーリーです。
ある日ウォーリーは、最新型ロボットであるイヴに会います。
イヴは、人間が乗っている宇宙船から、植物を探しに来たのです。
そして、ウォーリーが大切にしていた植物を取り上げて、宇宙へ帰ってしまいます。
ウォーリーはイヴを追いかけて宇宙船までたどり着きます。
イヴに恋したウォーリーとごみだらけの地球は、いったいどうなるのでしょうか。
以上がストーリーです。

この映画の魅力は、2人のロボットの感情豊かなアニメーションにあると思います。
私は、ロボットといえば、感情がなく、キャラクターとして、アニメーション化しにくい印象がありました。
ですが、この映画ではロボットが主人公で、ロボットの感情や性格が不可欠になります。
例えば、ウォーリーがテレビを見て感動する場面があります。
ウォーリーは、テレビのカップルを真似てダンスをするのです。
そこに、ロボットの感情や性格が、わかりやすく表現されていると思いました。

また、宇宙船にいる人間たちを見て驚きました。
歩かずに椅子に座って移動しているのです。
そのため、椅子から落ちても自力で歩くことが困難になってしまったのです。

結果的には、物語は課題が山積みですが、ハッピーエンドで終わります。
未来の地球がこの映画のようにならない為に、ごみを減らし、分別しようと思いました。

ホームページもあるので、是非見てみてください!
http://www.disney.co.jp/studio/animation/0902.html

今回は、「ウォーリー」を紹介しました。
宇宙が舞台のロボットの恋愛物語でした。
ここまで読んでくださりありがとうございました。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー