日本大学生産工学部応用分子化学科!

こんにちは!インターン生の蒔田です。7回目の今回は日本大学生産工学部応用分子化学科について話させていただきます。

応用分子化学科は、在籍学生694人、在籍教員18人で日本大学生産工学部の中で平均的な規模の学科です。
キャンパスマップでは、真ん中少し上、29番が応用分子化学科の建物となっています。

応用分子化学科“Department of Applied Molecular Chemistry”は『資源と環境を調和させながら材料の無限の可能性を追究する』ことを目標に、教育や研究に取り組んでいます。

化学は物質を扱う学問です。素材の提供を行う点から“The Central Science”(※1)といえます。物質の理解なくしてScienceは成り立ちません。また、化学が21世紀のより豊かな社会の実現に大きな役割を果たすことは、間違いありません。これからの化学技術者は、大量生産を基本とした「こんな材料があるからこんな物質を作ろう」と考えるシーズ型ではなく、要求をされた特性をもつ物質や材料をつくるニーズ型の技術が求められます。
応用分子化学科では、今言った通り新しい物質を作るという他の学科にはない特徴があります。他の学科のやることはどうしても今までの創造物の真似事のようになってしまうことがありますが、応用分子化学科では0から新しい物質を創造するというロマンまた可能性の追求をすることができます。
そんな応用分子化学科では、他の学科と同じく3つのコースから好きなコースを選んで学ぶシステムをとっています。

1つ目が「物質デザインコース」

分子レベルの視点から、新しい材料や物質を創り出すことができる技術者を養成します。ナノテクノロジー(※2)を駆使して、ものづくりの基礎から応用まで含めた幅広い知識を修得。これら総合的な知識を土台に、それぞれが目指す専門的知識と能力を獲得します。

2つ目が「生命化学コース」

化学の知識をベースに、生体機能の利用やバイオテクノロジー(※3)を基盤とするものづくりができる技術者を育成します。バイオテクノロジーを駆使するのはもちろん、物質から生命まで幅広い知識を身につけることで、化学技術者としての豊かな創造性も育みます。

3つ目が「国際化学技術者コース」

このコースでは、日本技術者教育認定機構(JABEE)の基準に基づいて教育プログラムを構成しています。数学や物理、化学、生物といった自然科学系の知識に加えて、情報処理技術、国際的なコミュニケーション能力の育成にも力を入れています。
JABEEに関して詳しく知りたい人は、下記のURLから飛んでみてみてください。

はい。今回は応用分子化学科について話させていただきました。
今回を含めて6学科の説明が終わりました。残りの3学科も同じように説明させていただきます。
ありがとうございました。
ではまた!

※1セントラル・サイエンス”The Central Science”とは、化学の呼称のひとつで、自然科学の中での化学の位置や重要性を示すためのもののこと。
※2ナノテクノロジー “nanotechnology” は、物質をナノメートルの領域すなわち原子や分子のスケールにおいて、自在に制御する技術のことである。
※3バイオテクノロジー”Biotechnology”とは生命工学・生物工学のこと。

引用元:日本大学生産工学部学科概要 http://www.cit.nihon-u.ac.jp/department
日本大学生産工学部キャンパスマップ http://www.cit.nihon-u.ac.jp/campus-life/location/campus-map
日本大学生産工学部収容定員・入学定員 http://www.cit.nihon-u.ac.jp/about/data/capacity
日本大学生産工学部教員数・年齢構成 http://www.cit.nihon-u.ac.jp/about/data/teachers-data1
日本大学生産工学部応用分子化学科 http://www.cit.nihon-u.ac.jp/department/applied-molecular-chemistry
英和辞典 http://ejje.weblio.jp/content/The+central+science
JABEEWEBサイト http://www.jabee.org/
ナノテクノロジーwiki https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%83%8E%E3%83%86%E3%82%AF%E3%83%8E%E3%83%AD%E3%82%B8%E3%83%BC
ジーンテクノサイエンス・バイオテクノロジー http://www.g-gts.com/biomedicine/biotechnology/

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー