BMXのひみつ#6

こんにちは。インターン生の吉井です。
第6回の今回は、同じBMXでもレースとは違う、フリースタイルという種目について紹介したいと思います。
BMXは大きく分けて、レース・フリースタイルパーク・フラットランドの3種類あります。もっと細かく分けると、ダートジャンプなどもあります。
このフリースタイルパーク競技は2020年東京オリンピックから正式種目に採用されることが決定しております。特徴としては、スピードではなく技を競い合うというところ。そしてレースとは違い1人づつ走り、ジャッチの採点によって勝敗が決まります。もともとBMXレースから始まりましたが、現在日本国内では、フリースタイル競技に打ち込んでいる選手のほうが多いと言われております。東京オリンピックから正式種目に認定されたこともあり、現在では大会も増え、競技化が進み、ルールや採点基準なども細かく決められるようになりました。

BMX フリースタイルバイク

スケートパーク

上の写真のような場所で、制限時間以内に技を競い合います。
以前までは、海外の選手とのスキルの差が明確にありましたが、現在ではその差は徐々に縮まってきており、海外の大きな大会で表彰台に上ることも少なくありません。
レース、フリースタイルともにレベルは格段に上がってきております。
ともに東京オリンピックが楽しみです。

3種目目のフラットランドは、舗装された平らな地面を舞台とする種目です。比較的狭い面積内をゆっくりと走行しながら、バランスをとりつつ様々な技を連続して入れていきます。車輪の左右に装備された4本のペグに乗り、ハンドルやシートをさまざまな体制で保持し、タイヤを靴底で擦るなどして、あたかも自転車とダンスをしているかのように巧みに乗りこなす競技です。過去に日本人の世界チャンピオンも誕生しており、日本人が得意とする種目です。

以上が大まかなBMXについてです。
もし記事を読んで頂き、体験してみたいと思ったかたはお近くのBMXコースにお越しください!
お待ちしております!

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー