PCエンジンで遊んでみました!【ギャラガ’88】

こんにちは、インターン生の吉崎です。
今回は「ギャラガ’88」を遊んだので、ご紹介いたします。

本作は、ナムコ開発のシューティングゲームで、インベーダーゲームのようなゲームシステムになっています。むしろ、本作の過去作である「ギャラクシアン」がインベーダーに影響を受けていて、後釜を担っているようです。「ギャラクシアン」の続編として「ギャラガ」や「ギャラプス」が発売され、その続編が本作です。後ろの「’88」は年数を表していて、PCエンジン版の本作が発売された1988年が由来となっています。(アーケード版は1987年)

移動方法は横のみで、攻撃もボタン一つと非常にシンプルになっています。ここまではインベーダーと同じなのですが、敵キャラに個性が加わり、画面下に移動した敵が再度画面上から登場するというアレンジが加えられています。

相方がメニューにDUALという字が見えたというので試しにやってみたのですが、協力プレイというよりは自機がパワーアップするというものでした。なかなか協力プレイができるゲームに出会えなかったので少し期待しましたが、違ったようです。一応、片方は操作を担当してもう一人は攻撃に専念するという遊び方も出来るようなのですが、意志がバラバラになりがちなので概ね上手くいかなさそうです。

ステージ導入のBGM、どこかで聞いたと思ったのですが、『太鼓の達人』の『ナムコットメドレー』にて編曲されています。ナムコットメドレーは結構聴いたことがあり、特にガンホー開発の『パズドラ』とナムコの『太鼓の達人』がコラボした時によく聴いていました。しかし、曲自体は聞いたことがあっても、その曲のゲーム自体は知らないという作品が多いことが今回で改めて分かりました。本作もそうで、プレイしたときに初めて「あの曲のゲームだ」と知る機会となりました。時代が移り行く中で、ファミコン時代のゲームに触れる機会が減っていますが、今回の企画で遊ぶことができ感激しています。

ナムコットメドレーで本作を知るきっかけになった方でも、ぜひ遊んでみてほしいと思います。

今回はここまでです。ご拝読ありがとうございました。次回で最終回となりますが、よろしくお願いします。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー